English Page

シーズからのお知らせ

2013年09月30日 14:57

シーズ、「認定取得セルフチェック小冊子」を作成

シーズは、「三井物産環境基金2012年度活動助成を受けて、環境分野のNPOの認定NPO法人化推進のプロジェクトを進めてまいりました。

既に認定NPO法人を取得した環境NPOから、環境分野の団体に特徴となる認定取得時の注意点をヒアリングし、この注意点をセルフチェックできるような小冊子を作成しました。

認定NPO法人化を目指す際、寄付が一定割合以上あることに目が行きがちなのですが、団体運営の適正性をチェックし、内部体制を整えていくという作業が欠かせません。

「セルフチェック」を確認しながら、認定取得の盲点、ポイントを理解する一助となれば幸いです。
そして環境分野で活動するNPO団体が多く認定取得されることを願っております。

なお、本小冊子作成に当たり、環境分野の認定NPO法人をはじめ、多くの団体・個人の方々にご協力・ご支援をいただきました。
この場を借りて心より御礼申し上げます。
そして、ご助成いただいた三井物産環境基金様に篤く御礼申し上げます。

「認定取得セルフチェック小冊子」
ファイルサイズ:3.4MB

環境分野のNPOが認定取得の際に気をつけるポイント

1.PSTをクリアして認定NPO法人になる

相対値基準でPSTクリアを目指す場合、行政からの補助金収入・委託金収入が多くても大丈夫。分母から差し引く計算式でクリアできることが多いです。
また、環境分野に多い助成金は大抵の場合、寄附金として扱えます。

2.会員制度の工夫

環境分野のNPO法人では、会員制度が複雑で、会員特典がある団体も多くあります。
認定取得を目指す上で、会員制度の設計は重要なポイント。
今こそ自団体の会員制度を見直してみましょう。

■PSTにおける会費の取扱い

PSTでは、「寄付金収入」という名称の収入だけが寄付として扱われるわけではありません。例えば、助成財団からの「助成金」や、見返りのない「賛助会費」も寄付として扱えます。

PSTでは「任意性があること」「反対給付がないこと」の2点を満たせば寄付として扱えるため、会費がPST上の寄付になる場合も少なくありません。
会員の種類と会費の性格を整理してみましょう。

3.積立金の手続きに注意しよう

集めた寄付金を貯めておく必要がある場合や、遺贈や相続財産の大口寄付をコツコツ使いたい場合は、「特定資産」を活用しましょう。

■ 積立金があると認定になれない?

環境分野のNPO法人では、貴重な自然の取得・保全(ナショナルトラスト活動)や活動拠点・車両機材の購入など一定規模の資金が必要となることも多く、寄付金を集めながら、長期積立を行う団体も少なくありません。しかし、何年にもわたって積み立てていると、認定基準「受け入れ寄付金総額の70%以上を特定非営利活動事業費に充てること」を、満たせなくなってしまいます。

これをクリアするために、「特定資産」というしくみができました。

■ 特定資産の使い方

例えば、1年間に集まった寄付金100万円のうち、50万円を〈○○湿地の買取〉
として積み立てたい場合…

「特定資産」にするための手続き例

ページ上部へ戻る
  • 岩手・宮城・福島のNPO法人対象 被災地認定NPO取得支援

BOOKLET

『アドボカシーを成功に導く10のポイント』☑チェックしながら戦略的に問題を解決しよう!
『アドボカシーを成功に導く10のポイント...
松原 明 著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 63項
550円(送料別・税込)
『認定NPO法人になるための運営指南書~国際協力NGO編』【改正NPO法対応】
『認定NPO法人になるための運営指南書~...
関口 宏聡・大庭 勇著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 125項
1,100円(送料別・税込)

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒165-0031
東京都中野区上鷺宮3-13-1
鷺宮ガーデンハウスA2
※来客スペースがございませんので、訪問ご希望の方は、必ず事前にご連絡くださるようお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス