English Page

制度ニュース

2014年06月03日 13:40

シーズ、「どうする?NPO法・税制改正」を開催

2014年5月29日(木)夜、NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会は、税制改革緊急イベント「認定NPO制度があぶない!?・第2弾~どうする?NPO法・税制改正」を東京都内で開催した。

今回の緊急集会は、政府税制調査会(以下、政府税調)が4月に「租税特別措置法」の全面見直し・廃止・縮小の方向性を打ち出したことを受けて、NPO側にその状況をまずは告知すべく5月9日に行った集会「認定NPO制度があぶない!?」の第2弾。その後の経過を共有し、NPO側ができる取り組みについて、話し合った。

今回の集会には、前回に続けての参加の方と、見直しの話を聞いて驚き状況をキャッチアップしようと参加の方が約半数ずつ。

まず、シーズ代表理事の松原明と常務理事の関口宏聡が、どのように「認定NPO制度があぶない!?」のかについて、下記のように、政府の資料を読み解きながら状況を説明した。

*****************************

NPO法・認定制度の改正は、1.与党税調、2.政府税調、3.NPO議連で行われており、それぞれにおいて、以下の「あぶない」可能性がある。
1.与党税制改正大綱での「大綱」
2.法人税引き下げの余波を受ける可能性
3.NPO法見直しが放置される可能性

まず、与党税調では、平成26年度税制改正大綱(平成25年12月12日)の検討事項として、寄付金税制における税額控除制度の再検討が打ち出されている。
次に、政府税調では、政府税調の見直し議論が起きており、1)みなし寄付金、2)企業の寄付金損金算入特別枠、の2つが見直しの対象として挙げられている。
そして、NPO議連では、改正NPO法の見直し期限が来年3月に迫っているが、国会での議論は十分に進んでいない状況にある。

認定NPO法人取得のニーズについては、活用したく、認定取得を希望しているが申請していないというのが、多くの団体の状況である。推計で、NPO法人のうち、およそ8000法人が、認定NPOに、関心を持ち、検討や準備をしている状況の中で、今回の見直しの話が持ち上がっている。

5月16日の法人税の改革について示された資料によると、具体的な改革事項として、以下の7つがあげられている中、二重丸(◎)印がついているものが、争点となり、議論の方向性が定まっていないものとして示されている。
  (1)租税特別措置
  (2)欠損金の繰越控除制度
◎(3)受取配当等の益金不算入制度
  (4)減価償却制度
◎(5)中小法人課税
  (6)公益法人課税等
◎(7)地方法人課税等
今回NPO側で懸案とする(1)と(6)は、争点にもなっていない。このままでは、法人税の大きな議論に飲み込まれて、丁寧な議論なしにそのまま見直されてしまう危険性もある。

みなし寄付金は、2003年に導入されたが、当時は所得の20%までとされており、その制度が拡充されたのは2012年4月のことで、今年でやっと2年経ったところである。

**************************

このような説明を受けて、会場からは戸惑いの声が聴かれた。
アンケートでは、以下のような声が寄せられた。

■税額控除、みなし寄付の制度継続を求める声
「税額控除がなくなるのは困る。」
「税額控除方式の選択ができなくなるのは、小口寄付者の減少を招く。」
「みなし寄付を守ってほしい。」
「みなし寄付がなくなる、縮小されるのは、非営利事業を自主運営で進めるにあたり、困る。」
「NPOの寄付が集まりにくくなるのは、NPOの資金面に大きな影響が出る。」

■困惑・落胆の声
「認定取得に向けて準備を進めていたが、メリットがなくなるかもしれないと
聞いて、参加した。法が改正されて間もないのに、制度を変えるのは混乱を招く。」
「政権が変わると好きに変わってしまうのか。継続性を担保してほしい。」

シーズでは、制度の後退から守り、改正を進めることを要望する内容を「NPO法人制度・税制度に関する要望事項」にまとめ、賛同署名を呼び掛けていることを説明した。

最後に、シーズ代表理事の松原は、現在シーズで全所轄庁に認定NPO法人制度実態調査を行っており、その報告および骨太の方針の発表の内容確認とあわせて、次回のイベントを7月3日に予定しているとした。
NPO側からきちんと声をあげていくことが重要とし、署名賛同への協力を呼びかけた。また、今後も状況把握を行い、共有を行っていきたいとし、次回のイベントへの参加を呼び掛けて、閉会となった。

シーズでは、賛同署名を、当日の緊急集会から集め始め、今国会の会期中に国会議員および政府に提出する予定をとしている。
http://www.npoweb.jp/shomei_0528/


緊急イベント開催の様子

ページ上部へ戻る
  • 私たちの活動にご協力ください ご寄付頂ける方はこちらから
  • 認定NPO法人制度の改悪阻止&改正を求める署名賛同へのお願い
  • 岩手・宮城・福島のNPO法人対象 被災地認定NPO取得支援

BOOKLET

『アドボカシーを成功に導く10のポイント』☑チェックしながら戦略的に問題を解決しよう!
『アドボカシーを成功に導く10のポイント...
松原 明 著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 63項
550円(送料別・税込)
『認定NPO法人になるための運営指南書~国際協力NGO編』【改正NPO法対応】
『認定NPO法人になるための運営指南書~...
関口 宏聡・大庭 勇著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 125項
1,100円(送料別・税込)

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒165-0031
東京都中野区上鷺宮3-13-1
鷺宮ガーデンハウスA2
※来客スペースがございませんので、訪問ご希望の方は、必ず事前にご連絡くださるようお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス