English Page

シーズからのお知らせ

2017年09月08日 10:48

【9/27(水)東京】NPOと持続可能な開発目標(SDGs)に関する学習会@東京「地域の持続可能性をパートナーシップで考える」

NPOと持続可能な開発目標(SDGs)に関する学習会@東京
「地域の持続可能性をパートナーシップで考える」
超党派NPO議員連盟とSDGsジャパン共催企画

【東京開催】※今年度、札幌、岡山でも実施

■日時:9月27日(水)
第1部 14:00ー15:45
第2部 16:00ー17:45
(17:45ー18:30は交流会)

■場所:衆議院第一議員会館多目的ホール(1階) ⇒地図
(東京都千代田区永田町2-2-1)

■定員:100名

■参加費:無料

お申込みはこちらのフォームから

■共催:SDGs市民社会ネットワーク/超党派NPO議員連盟

■協力:日本NPOセンター(http://www.jnpoc.ne.jp/
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会(http://www.npoweb.jp/
後援:国連広報センター

■問い合わせ先:SDGs市民社会ネットワーク
03-3834-6902(平日10:00-18:00)
(担当:関澤)

—————————————————
■□■第1部 14:00-15:45 「SDGsを知ろう!」■□■
SDGsが地域の課題とどう結びつくのか、NPO活動に必要なのか、そしてどのようなパートナーシップの可能性があるのか、すでにSDGsを活用している方達の事例を聞いてみませんか?

登壇者:
〇基調講演『SDGsの真髄とは?自分たちの足元から“変革”していくために』
大西 連さん
(認定特定非営利活動法人自立生活サポートセンター・もやい理事長)

〇NPOからの報告『それぞれの団体が取り組む社会課題とSDGs』
石原 達也さんー岡山からー
(特定非営利活動法人岡山NPOセンター副代表理事)
富永 美保さんー福島からー
(特定非営利活動法人サロンしんせい 事務局長)

〇閉会のまとめ『国連が決めたから遠い話?』
根本 かおるさん(国連広報センター所長)

—————————————————
■□■第2部 16:00-17:45■□■
「みんなで取り組むSDGs‐地域の持続可能性をパートナーシップで考える-」

地域とSDGsをテーマに、パネルディスカッション形式で、様々な主体から問題意識、活動の内容を伺い、それぞれの組織や活動のヒントとします。

パネリスト(一部依頼中):
石原 達也さん(岡山NPOセンター 副代表理事)
富永 美保さん(サロンしんせい 事務局長)
黒田 かをりさん(SDGs市民社会ネットワーク 代表理事)
松下 繁雄さん(内閣府内閣府 地方創生推進事務局 参事官補佐)
玉田 耕大さん(厚生労働省 政策統括官付社会保障担当参事官室 室長補佐)
コーディネーター:
大西連さん(自立生活サポートセンター・もやい理事長)

ご参加予定議員:
中谷 元 衆議院議員(超党派NPO議員連盟 共同代表)
あべ俊子 衆議院議員(超党派NPO議員連盟 幹事長)
岸本周平 衆議院議員(超党派NPO議員連盟 事務局長)

—————————————————
■主旨■
NPOは「誰一人取り残さない」理念をどこまで実現できるのか?持続可能な開発目標(SDGs)を推進するNPONGOネットワークと超党派NPO議連では、地域の社会課題に向き合い活躍するNPOとともに、さらにその取り組みが一歩進むためのヒントになる勉強会として、SDGsをテーマとする勉強会を開催することといたしました。

<SDGsとは>
2030年が達成期限となっているSDGsは、貧困・格差をなくし、地球環境を守り、平和で安全な社会をつくることを目指しています。
日本を含む全世界が取り組むことで達成される目標として、国連において2015年9月に採択されました。
「誰一人取り残さない」がキーワードになっています。
日本においても、政府が2016年12月21日にSDGs実施指針を示し、2017年7月18日には国連本部にて外務大臣がSDGsの進捗を報告し、パートナーシップでSDGsを国内外ともに推進していくことを発表しています。

<NPOとの関係は>
今後、その実施プロセスにおいて、政府だけでなく、国際的な課題に取り組むNPO(*1)も、国内で活動を行うNPOも自治体とともにパートナーシップでSDGsを実施することは必然となっていますが、まだまだ、自治体、国内活動を行っているNPOにはSDGsが知られていないという現状もあります。
SDGsの目標を紐解き、活用することは、複雑化、高度化する社会課題の解決に向けてのヒントとなる可能性があります。
また、地域の議員、行政、NPOや民間企業が一緒に勉強会に参加することで、パートナーシップがより加速される期待もあります。

SDGsを切り口にしますが、国内のNPOが多く関心を持っているコミュニティの格差の課題、持続可能性の課題について、一歩深く、議論する機会になることを期待しています。
ぜひ、ご参加ください。

(*1)ここでいうNPOは、広義の民間非営利組織を指しており、法人格や分野や地域を問わず活動している団体を指しています。

—————————————————
■本件に関する問い合わせ先
一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク
住所:東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル3階
アフリカ日本協議会気付
電話:03-3834-6902(平日10:00-18:00)
メール:office@sdgs-japan.net
(担当:関澤)

ページ上部へ戻る
  • 私たちの活動にご協力ください ご寄付頂ける方はこちらから
  • 認定NPO法人制度の改悪阻止&改正を求める署名賛同へのお願い
  • 岩手・宮城・福島のNPO法人対象 被災地認定NPO取得支援

BOOKLET

『アドボカシーを成功に導く10のポイント』☑チェックしながら戦略的に問題を解決しよう!
『アドボカシーを成功に導く10のポイント...
松原 明 著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 63項
550円(送料別・税込)
『認定NPO法人になるための運営指南書~国際協力NGO編』【改正NPO法対応】
『認定NPO法人になるための運営指南書~...
関口 宏聡・大庭 勇著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 125項
1,100円(送料別・税込)

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒165-0031
東京都中野区上鷺宮3-13-1
鷺宮ガーデンハウスA2
※来客スペースがございませんので、訪問ご希望の方は、必ず事前にご連絡くださるようお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス