English Page

助成金情報

2017年11月07日 14:09

「未来につなぐふるさと基金」

【助成金名称】
「未来につなぐふるさと基金」

【支援種別】
助成

【支援元】
公益財団法人 パブリックリソース財団
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

【応募資格(支援対象)】
NPO法人、一般法人、公益法人、
任意団体などの市民活動団体

【応募団体数】
5団体(地域バランスを考慮して決定します)

【応募条件】
①支援期間中に、市民参加型プログラムを年3回以上企画・実施できること
②うち1回は、「生物多様性をテーマとした写真教室」を組み入れて実施すること
③生物多様性の啓発、自団体の組織力強化に意欲的であること
④協働団体の役割を果たすことが可能であること(「役割」の詳しい内容については、応募案内をご参照ください)
⑤本基金の助成終了後、2年間は再度応募できません。
(例:2017年度助成終了団体は2018年度、2019年度は応募できません)

【対象となるプログラム】
生物多様性の保全・啓発を目的とした、以下のいずれかに該当する市民参加型プログラム
①【たべる】
地域で生産された農産物を、その地域で飲食することを通じて、農産物そのものやそれを取り巻く気候・風土への関心を広げる活動
(例)米や野菜の生育環境の学習
②【ふれる】
自然や動植物とのふれあいを通じて、生物のつながりを体験する活動
(例)自然探検ツアー、昆虫の観察
③【つたえる】
自然や動植物を観察し、記録・表現する活動
(例)生き物観察マップづくり、生き物フォトコンテストや写真展の開催
④【まもる】
自然や生きものを調査・保全・再生する活動
(例)里山の保全や干潟の清掃

【支援内容】
(1)助成金:1団体あたり50万円
(2)上記助成金に加え、助成金以外の支援を提供致します。
①専門性や組織運営力、広報力などを向上させるための支援
②「生物多様性をテーマとした写真教室」実施援助
③報告会等でのノウハウ共有

【助成期間】
原則2年間
(1年目:2018年4月1日~12月31日、2年目:2019年1月1日~12月31日)

【支援金額】
1団体あたり50万円

【申込受付締切】
2017年11月1日(水)~2018年1月10日(水)消印有効
以下の応募書類(各5部)を、「未来につなぐふるさと基金」まで郵送または宅配便でお送りください。(2018年1月10日消印有効)
・応募用紙
・直近年度の決算書類
・直近年度の事業報告書

【リンク先】詳しくは下記リンク先をご覧ください。
http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_03/

【問い合わせ先】
〒104-0043 東京都中央区湊2-16-25-202
公益財団法人 パブリックリソース財団
未来につなぐふるさと基金 事務局(担当:新井)
電話:03-5540-6256 (月~金、10:00~17:00) FAX:03-5540-1030
E-mail:furusato@public.or.jp

ページ上部へ戻る
  • 私たちの活動にご協力ください ご寄付頂ける方はこちらから
  • 認定NPO法人制度の改悪阻止&改正を求める署名賛同へのお願い
  • 岩手・宮城・福島のNPO法人対象 被災地認定NPO取得支援

BOOKLET

『アドボカシーを成功に導く10のポイント』☑チェックしながら戦略的に問題を解決しよう!
『アドボカシーを成功に導く10のポイント...
松原 明 著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 63項
550円(送料別・税込)
『認定NPO法人になるための運営指南書~国際協力NGO編』【改正NPO法対応】
『認定NPO法人になるための運営指南書~...
関口 宏聡・大庭 勇著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 125項
1,100円(送料別・税込)

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒165-0031
東京都中野区上鷺宮3-13-1
鷺宮ガーデンハウスA2
※来客スペースがございませんので、訪問ご希望の方は、必ず事前にご連絡くださるようお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス