NPOWEBは、
NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会が運営する
NPO・市民活動に関するニュース&情報サイトです。
 
ホーム  |  ニュース  |  助成金情報  |  イベント案内  |  なんでも質問箱  |  【寄付・会員募集中】
 
【最新情報】Twitter
Twitter(ツイッター)
絶好調!
ぜひフォローを!

トップ (メニュー)  >  NPO法人の会計  >  未収金、未払金などについて  >  未収金として計上していた会費が回収できないことが明らかになったので、この未収金を貸借対照表から消したいのですが、どのような会計処理をすればいいでしょうか。
 「貸倒損失」あるいは「貸倒会費」として支出の部に計上する方法が考えられます。仕訳としては、(借方)(貸倒損失)(貸方)(未収金)となります。未回収分が少額であれば、収入の部で会費収入からマイナスする方法も考えられます。仕訳は(借方)(会費収入)(貸方)(未収金)となります。

(脇坂)
プリンタ用画面

前
期末までに徴収できなかった会費を未収会費として計上すべきでしょうか。
カテゴリートップ
未収金、未払金などについて
次
今期の所得金額に対応する法人税は未払計上するべきでしょうか?

Copyright 1994-2011 NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 All Rights Reserved.