NPOWEBは、
NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会が運営する
NPO・市民活動に関するニュース&情報サイトです。
 
ホーム  |  ニュース  |  助成金情報  |  イベント案内  |  なんでも質問箱  |  【寄付・会員募集中】
 
【最新情報】Twitter
Twitter(ツイッター)
絶好調!
ぜひフォローを!

トップ (メニュー)  >  NPO支援税制  >  いったん「認定」されると、ずっと「認定NPO法人」でいることができるのですか?
 いいえ。認定NPO法人は、2年限定の「資格」です。認定を受ける時には、その期限が示されますので、継続して認定を受けておきたい場合には、その期限がくる前にあらためて認定の申請をする必要があります。この制度には、更新制度がありませんから、再申請の時も最初の認定申請の時と全く同じような申請書類を作らなければなりません。

 また、申請して認定を受けるまでにかかる期間について、法律では何も定めがありません。場合によっては、認定が切れてから次の認定を受けるまでに空白の期間ができる可能性があります。そのため、2年分の事業年度が終了したら、できるだけ早く次の認定申請をした方が良いでしょう。

 なお、認定NPO法人として国税庁長官から認定を受けても、NPO法人であることには変わりがありません。そのため、事業年度が終了したら所轄庁へ事業報告書などを提出するなど、NPO法などに従った運営は認定された後も行う必要があります。
プリンタ用画面

前
NPO支援税制の対象団体(認定NPO法人)になるための要件とはどんなものですか?
カテゴリートップ
NPO支援税制
次
国税庁長官から「認定」を受ければ、それだけで寄附が集まるようになるのでしょうか。

Copyright 1994-2011 NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 All Rights Reserved.