確かに国・地方自治体・国際機関からの委託事業費と補助金は、日本版パブリック・サポート・テストの分母から差し引いて良いことになりました。しかし、それは国・地方自治体・国際機関から「直接」に委託されたり、「直接」に受ける補助金に限られています。

 外郭団体を通して提供された委託事業費は、その他の事業費と同じ扱いです。つまり、分母にのみ算入します。

 外郭団体から提供された助成金は、一般の寄附金・助成金と同じ扱いになります。分母にも分子にも算入します。ただし、分子に入れる際、「一者あたりの基準限度超過額」については算入できません。