NPOWEBは、
NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会が運営する
NPO・市民活動に関するニュース&情報サイトです。
 
ホーム  |  ニュース  |  助成金情報  |  イベント案内  |  なんでも質問箱  |  【寄付・会員募集中】
 
【最新情報】Twitter
Twitter(ツイッター)
絶好調!
ぜひフォローを!

行政 : 担保・保証人不要でNPO融資
投稿日時: 2003-10-22 10:00:00 (1480 ヒット)

 宮崎太陽銀行(菊池銑一郎頭取)は、10月1日より地元宮崎の活性化の一環として、担保も保証人も不必要な新融資商品「NPO法人支援貸付『ボランティア』」を開始した。NPO法人への無担保融資制度を行っている金融機関はあるが、担保も保証人も不要の融資は全国で初めて。


 NPO法人が金融機関から融資を受けようとする場合、担保不足や保証人の確保がネックとなる場合が多い。

 これまでも、NPO法人を対象とした低金利の融資制度、担保不要の融資制度などを設けている金融機関はあったが、宮崎太陽銀行が1日から開始した新商品「NPO法人支援貸付『ボランティア』」は、担保も保証人も不要という点で国内初の取り組みとなる。

 対象となるのは、宮崎県か内閣府が認証したNPO法人。宮崎県内に活動拠点をおき、宮崎県にその事業計画や決算内容を報告していることが要件。

 融資金額は50万円以上500万円以内。融資期間は設備資金の場合は7年以内、運転資金の場合は5年以内。利率は年7.0%(金利固定型)。無担保・保証人不要ということで高めの金利が設定されているが、宮崎県社会福祉協議会の利子補填制度で利子補填を受けることが可能。

 融資を申し込む場合、団体に関する有識者の意見書および活動方針などについての「夢作文」を提出する必要がある。

 この融資制度を担当している宮崎太陽銀行審査部の田中徹氏は、


「貸付にあたっては、団体の事業計画や資金使途などを詳しく説明してもらい、それに対して銀行側からも積極的にアドバイスをしていきたい。そうすることで、NPOには資金調達について学ぶ機会となり、同時に、銀行にとっては市民活動について学ぶ機会となれることを期待している。

 無担保、保証人無しというリスクをカバーするために、金利を若干高めに設定しているが、宮崎県社会福祉協議会の利子補填制度を利用してもらえれば、NPOの負担は軽減される。

 すでに数件の問い合わせが来ているが、補助金・助成金交付までのつなぎ資金、事務機器購入資金などに、この制度を活用してもらって、地元のコミュニティの活性化、ひいては経済の活性化につながればいいと考えている」


と語った。

 「NPO法人支援貸付『ボランティア』」については、宮崎太陽銀行サイト内、下記を参照のこと。
 http://www.taiyobank.co.jp/topics_200309/NPO.pdf

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Copyright 1994-2011 NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 All Rights Reserved.