English Page

【特集】認定NPO法人になるための運営指南

2013年04月01日 18:47

【3】認定と仮認定の違いを理解する。

1.認定NPO法人制度には「認定」と「仮認定」があります。

所轄庁による認定NPO法人制度では、新しい仕組みとして、「仮認定制度」が創設されました。設立から間もない団体を対象に、仮認定を助走期間として認定へと応援するためです。経過措置として、2015年3月31日の期限まではどのNPO法人でも申請できますが、それ以降は設立から5年以内のNPO法人だけが仮認定制度を使えます。法人設立から長年活動している団体は、経過措置の期限に注意して下さい。

2.仮認定では寄付者名簿が不要です。

全体の収入に占める寄付金額の割合や寄付者の数で判定される「PST」が不要なので、まだ寄付収入が少ない団体であっても、仮認定を取得することができます。「寄付者名簿」の作成・添付も不要です。

3.仮認定でも、PST以外の基準は全て必要です。

仮認定ではPSTが免除されますが、他の基準は全て満たす必要があります。意外とPST以外の基準をクリアできない団体も多いので注意します。

4.仮認定は3年間有効で、更新なしの1回限り。

認定NPO法人制度は、「有効期間」が設定されています。認定の場合、有効期間は5年間で、5年毎に更新する仕組みになっています。仮認定の有効期間は1回限り、3年間で、更新はありません。認定を更新できない場合や仮認定から認定へ行けない場合は、一般のNPO法人(優遇税制無し)に戻ります。

5.仮認定に適用される優遇税制は限定的です。

仮認定NPO法人は、優遇税制全てが使えるわけではありません。仮認定NPO法人が使えるのは「個人・法人」が寄付した際の優遇税制だけです。

ページ上部へ戻る
  • 岩手・宮城・福島のNPO法人対象 被災地認定NPO取得支援

BOOKLET

『アドボカシーを成功に導く10のポイント』☑チェックしながら戦略的に問題を解決しよう!
『アドボカシーを成功に導く10のポイント...
松原 明 著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 63項
550円(送料別・税込)
『認定NPO法人になるための運営指南書~国際協力NGO編』【改正NPO法対応】
『認定NPO法人になるための運営指南書~...
関口 宏聡・大庭 勇著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 125項
1,100円(送料別・税込)

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒165-0031
東京都中野区上鷺宮3-13-1
鷺宮ガーデンハウスA2
※来客スペースがございませんので、訪問ご希望の方は、必ず事前にご連絡くださるようお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス