English Page

【特集】認定NPO法人になるための運営指南

2013年04月01日 18:47

【5】「書面」と「実地」の2つの審査。

1.審査は「書面」→「実地」大きく2段階で行われます。

所轄庁は提出された申請書類に基づき、まず「書面審査」を行います。その後、ほとんどの所轄庁で「実地調査」が行われます。この点が認証との大きな違いです。一方、認証同様に申請にかかる手数料などは無く、審査も無料です。

2.審査期間は所轄庁によりバラツキがあります。

国税庁・国税局が審査していた旧制度では、「標準処理期間」が6か月と定められていました。所轄庁による新制度でも、いくつかの所轄庁は標準処理期間を6か月と定めていますが、多くは未設定です。

3.認定申請書類の縦覧や公告はありません。

認証時とは異なり、申請書類の縦覧や申請があった旨の公告はありません。つまり、皆さんの団体が認定申請したことや申請内容は公表されません。

4.申請前に事前相談をした方がよいでしょう。

申請書類を作成し、そのまま所轄庁へ提出することも可能ですが、できる限り実際の提出前に事前相談をした方が良いでしょう。事前相談は、NPO法上の義務ではありませんが、認定取得を順調に進めるためには、必須と言えます。

5.実地調査に備えましょう。

実地調査では、PSTの根拠となる会計帳簿や備え置きが求められている定款・役員名簿等などの確認が行われますので、準備しておきます。

ページ上部へ戻る
  • 岩手・宮城・福島のNPO法人対象 被災地認定NPO取得支援

BOOKLET

『アドボカシーを成功に導く10のポイント』☑チェックしながら戦略的に問題を解決しよう!
『アドボカシーを成功に導く10のポイント...
松原 明 著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 63項
550円(送料別・税込)
『認定NPO法人になるための運営指南書~国際協力NGO編』【改正NPO法対応】
『認定NPO法人になるための運営指南書~...
関口 宏聡・大庭 勇著 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会発行 A4版 125項
1,100円(送料別・税込)

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒165-0031
東京都中野区上鷺宮3-13-1
鷺宮ガーデンハウスA2
※来客スペースがございませんので、訪問ご希望の方は、必ず事前にご連絡くださるようお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス