English Page

ニュース

2002年03月29日 10:00

行政 : NPO含めた公益法人制度を見直し

 政府の行革推進本部は、28日、公益法人制度の抜本的改革に向けての大綱を2002年度中に決定する方針を決めた。優遇税制などの見直しが柱になると伝えられているが、NPOの税制もこの見直しの対象となるとしている。

 

 政府の行政改革推進本部(本部長・小泉純一郎首相)は、3月28日、「公益法人制度の抜本的改革に向けた取組みについて 」とする方針を決定した。この方針は29日に閣議決定される。

 方針は短いもので、全文は以下の通り。

           公益法人制度の抜本的改革に向けた取組みについて

                                     平成14年3月28日
                                   行政改革推進本部決定

1. 最近の社会・経済情勢の進展を踏まえ、民間非営利活動を社会・経済システムの中で積極的に位
 置付けるとともに、公益法人(民法第34条の規定により設立された法人)について指摘される諸
 問題に適切に対処する観点から、公益法人制度について、関連制度(NPO、中間法人、公益信託、
 税制等)を含め抜本的かつ体系的な見直しを行う。

2. 上記見直しに当たっては、内閣官房を中心とした推進体制を整備し、関係府省及び民間有識者の
 協力の下、平成14年度中を目途に「公益法人制度等改革大綱(仮称)」を策定し、改革の基本的
 枠組み、スケジュール等を明らかにする。また、平成17年度末までを目途に、これを実施するた
 めの法制上の措置その他の必要な措置を講じる。

 新聞などの報道によると、

  • この抜本改革は約2万6千の全公益法人が対象ではあるが、NPO(民間非営利団体)も対象となる
  • 公益法人に関する課税上の優遇措置の見直しや法人格の設立基準の見直しなどが改革の柱となる

とされている。

 優遇税制の見直しでは、課税が強化される方向で見直しが行われることが予想される。

 NPO法人の課税は、公益法人の課税体系をベースとしているため、NPOにも大きな影響を与えることにもなりそうだ。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南