English Page

ニュース

2002年04月11日 10:00

行政 : 中央労金がNPOに新支援策

 中央労働金庫は、4月1日よりNPOに対して新たな支援策として、社会貢献定期預金「ろうきんNPOサポーターズ」を発売した。この定期預金満期利息の30%と、中央労働金庫の社会貢献基金と合わせた資金でNPOに助成するもの。

 

 中央労働金庫(東京都千代田区・岡部晃三理事長)は、4月1日より新商品の定期預金(社会貢献預金)「ろうきんNPOサポーターズ」を発売した。

 これは、同金庫のNPO支援策で、昨年のNPO法人向け融資制度に続く新たな支援策。

 この仕組みは、定期預金(「ろうきんNPOサポーターズ」)の満期利息(税引後)の30%を助成の財源とし、それに中央労金が新たに創設した「中央ろうきん社会貢献基金」(毎年経常利益の1%程度を基金に拠出)と合わせて、毎年1,000万円程度を目標にNPOに助成しようとするもの。

 中央労金の担当者は、「初年度の定期預金目標額を約30億円としているが、金利のうち税引後助成の財源として残る分は約20万円にしかならない。そこで今年度は『中央ろうきん社会貢献基金』から約800万円を拠出する」とのこと。

 なお2002年度の中央ろうきん社会貢献プログラムは、次のものがある。

  1. ボランティア情報(勤労者やシニア向けに、気楽に参加できるボランティア情報)の提供
  2. セミナー開催(ボランティア、消費者向けまど、各種セミナー開催)
  3. 助成制度(市民活動の支援・育成をめざして助成活動を行う)
  4. 社会貢献定期預金「ろうきんNPOサポーターズ」(1年ものの定期預金の税引後の満期利息の30%ををNPOに助成)
  5. 自動寄附システム(ろうきん普通預金口座からNPOに一定額を寄附する制度)
  6. NPO事業サポートローン(NPO法人を対象とした事業融資制度)
  7. シンポジウム開催(ろうきん・労組・生協・NPOなどと共同によるシンポジウム開催)
ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南