English Page

ニュース

2002年07月11日 10:00

行政 : 外務省、ODA改革でNGOと連携

 川口外相は、9日、政府の途上国援助(ODA)について、15項目の改革策を発表した。外部監査の強化や第三者機関による事後評価の実施、NGO(非政府組織)との連携強化などが柱となっている。

 

 川口外相は、9日、政府の途上国援助(ODA)について、15項目の改革策を発表した。外部監査の強化や第三者機関による事後評価の実施、NGO(非政府組織)との連携強化などが柱となっている。

 今回、外務省がまとめた改革案は、「ODA改革・15の具体策について」と題されている。

 第2次ODA改革懇談会が3月にまとめた最終報告などを踏まえて作成されたもの。

 ODAの対象事業すべてについて、外務監査を行うとともに、「抜き打ち監査」を実施する。そして、学識経験者らによる評価委員会が、すべての案件について事後評価を実施するとしている。

 また、NGOと連携を強化するため、ODA政策協議とNGO・外務省連携推進に関する2つの小委員会を設立する。さらに、開発途上国で現地の日本大使館と国際協力事業団(JICA)、国際協力銀行(JBIC)の現地事務所、NGOによる定期協議会を開催するとしている。

 川口大臣が発表した「ODA改革・15の具体策について」の全文は以下の通り。

ODA改革・15の具体策について

平成14年7月9日 川口外務大臣より発表

 先般発表された第2次ODA改革懇談会の最終報告及び「変える会」の中間報告を踏まえ、「出来るものから、直ちに実施する」との方針の下、「国民参加」、「透明性確保」、「効率性向上」を柱として、(1)監査、(2)評価、(3)NGOとの連携、(4)人材の発掘・育成・活用、(5)情報公開・広報の5分野において15のODA改革の具体策を順次実施していくこととした。これにとどまらず、更なる施策についても、可能なものから逐次具体化していく予定。

 なお、同最終報告にあるODA総合戦略会議については、第一回会合を川口大臣を議長として6月27日に開催した。

1.監査

(1) 経済協力の各スキーム(有償資金協力、無償資金協力、技術協力)の全てについて、外部監査を拡充。
(2) 各スキームについて「抜き打ち監査」を実施。
(3) 監査結果のフォローアップおよび監査結果を踏まえた改善を図るための仕組みを、外部の監査法人等の参加を得つつ整備。
(以上の措置について、具体的対象等詳細に関しては、今後更に検討を進める。)

2.評価

(4) 平成14年度から案件完了後に行われる事後評価については、全て第三者の視点を入れる。
(5) 外部有識者からなる評価委員会は外務省・実施機関において既に設置(外務省:平成13年12月、JICA:平成14年6月、JBIC:平成14年6月)。各評価のフィードバック状況についての検証及び助言を一層強化。
(6) 被援助国政府・機関との連携を強化し、評価を充実させる観点から、平成14年度より被援助国機関による評価を拡充するとともに、被援助国政府が評価についての知見を高めるための第二回ODA評価東京ワークショップを開催。
(7) 評価結果を公表・公開する一環として、また、外務省・実施機関・評価学会の間の連携を強化することも目的として、NGO、一般の方々を対象に評価セミナーを合同で本年秋に開催。
(以上の措置について、具体的対象等詳細に関しては、今後更に検討を進める。)

3.NGOとの連携

(8) NGO・外務省定期協議の機能強化のために、全体会合に加え、ODA政策協議とNGO・外務省連携推進に関する2つの小委員会を設立。それぞれ早急に第一回会合を開催。
(9) 我が国NGOが多く活躍する開発途上国において我が国大使館、JICAやJBICの駐在員事務所とNGOとの定期協議会(ODA大使館)を直ちに開始。
(10) NGOの能力形成やその活動を支援するため、日本NGO支援無償資金協力を6月に導入。草の根技術協力を可能な限り早期に導入。

4.人材の発掘・育成・活用

(11) 国際協力に関する人材情報のネットワーク化、人材のマッチングを効率的に促進する新たな枠組み(「国際協力人材開発センター(仮称)」)について必要な検討を開始。
(12) 開発教育と義務教育との連携強化の一環として、小・中・高校生等に国際協力の重要性を理解してもらうための開発教育のプログラムを、全てのJICA国内機関で定期開催する。

5.情報公開・広報

(13) ODAタウン・ミーティングを定期的に開催する(8月下旬に金沢、10月に東京で開催し、その後も原則一月に一回開催)。その際、ODA総合戦略会議の議論を紹介しつつ、一般の方々からの意見を幅広く聴取する。
(14) 7月11日にODAメール・マガジンを発刊。
(15) ODAサイトの概要が臨場感をもって分かる写真入り「ODAワンストップショップ」(プロジェクトサイト一覧)をホームページ上に秋に立ち上げ。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南