English Page

ニュース

2002年10月09日 10:00

行政 : 環境コンテスト、参加自治体募集

 環境首都コンテスト全国ネットワーク(主幹事団体:環境市民)では、10月3日から2002年の「環境首都コンテスト」への参加自治体を全国規模で募集を開始した。 このコンテストは、環境問題への取り組みが進んでいる自治体を日本の「環境首都」と認定し表彰するもの。今年は、第2回目となる。

 

 全国10団体の環境NPOで組織する「環境首都コンテスト全国ネットワーク」(主幹事団体:環境市民)では、昨年に引き続き、10月3日から環境首都コンテストへの参加自治体の募集を始めた。

 参加の締切りは、10月31日。

 このコンテストは、環境問題への取り組みが進んでいる自治体を日本の「環境首都」と認定し表彰するもの。

 コンテストの流れは、次のようなもの。

  • エントリーした自治体に、環境政策などに関する調査票が送付されてくる。
  • 自治体は調査票に記入して返送。
  • 必要に応じて、主催のネットワーク団体が参加自治体を訪問をし、調査票の記述に間違いがないかなどを確認。
  • 主催のネットワーク団体が、調査項目を点数化。総合順位、人口別順位とともに、温暖化対策部門、市民参画部門などの部門別に順位決定。

 昨年の第一回目の環境首都コンテストには、政令指定都市から人口数千人の町まで、93の市区町村がエントリーした。基準を満たした自治体がなかったために「環境首都」の称号は贈られなかったが、総合順位、人口別順位、部門別順位で上位の自治体は表彰されている。

 昨年は、総合順位では、第一位が名古屋市、第二位が福岡市、第三位が仙台市となっている。

 なお、参加した自治体からは、その結果に関わらず、コンテストに参加したことで「人口規模の小さな自治体でも”やればできる”と勇気づけられた」「国内における我が自治体の環境施策の位置がつかめた」「庁内の環境関連の取り組みを横断的に把握できた」など、好意的な反響が寄せられているという。

 環境首都コンテスト全国ネットワークでは、コンテストを通じて、自治体の環境施策を積極的に評価することで、市民が行政の環境施策を支持していることを示し、より良い環境行政が実現されるよう、行政職員の施策への動機付けを後押ししたいとしている。

 この環境首都コンテストに関する詳細は、次のホームページで。

 http://www.kankyoshimin.org/ecocap/index.html

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南