English Page

ニュース

2003年06月02日 10:00

行政 : 島根の財団、地域活性化に助成

 島根県の外郭団体である「ふるさと島根定住財団」は、地域課題の解決や地域活性化に向けた取り組みを行う民間団体に対し、総額2500万円の助成事業を新設、募集を開始した。応募は随時可能であり、助成額の上限は400万円。NPOも対象となるうえ、法人格も問わない。

 

 同財団は県100%出資の外郭団体で、1992年に設立。県内就職を促進するための雇用環境の整備やUターン、Iターンを希望する人のための支援などを行ってきた。1996年からは、定住に関する総合的な情報の提供や定住を促進するための先導的事業の助成なども行っている。

 このたび新設されたのは、「平成15年度地域づくり実践支援事業助成金」。この事業では、「しまねづくりチャレンジ事業(取り掛かり支援)」と「しまねづくりトライ事業(実践的取り組み支援)」の2種類の助成を行う。

 「しまねづくりチャレンジ事業」では、地域活性化のために行う立ち上がり期のイベントや調査研究などを助成し、助成額は10万円から50万円。助成率は2分の1。対象は県内の民間団体、若者グループなどで、5人以上の会員を有し、経理能力が確実で、規約が明文化されていることなどが必要。特に法人格を有することなどの条件はない。

 「しまねづくりトライ事業」では、島根の定住促進につながる多種多様な地域課題の解決や地域活性化の取り組みのなかでも、継続的なサービス提供が期待できる実践的な活動を支援する。具体的には、政治、宗教、営利目的ではない以下のような事業を対象とする。

  1. 他の地域との交流や各種情報発信などによるネットワークの構築により、交流人口の拡大や地域活力創生を促進する仕組み
  2. 地域課題の洗い出しやIターン者などの異なる視点による新たな地域資源の発見や、地域内の有機的な人的資源の活用などによる新たな事業創出の取り組み
  3. 新たな地域活性化の取り組みとして、積極的な地域で新たなUIターン者を迎え入れる組織体制の整備やそのための支援の取り組み
  4. 上記に当てはまらない人口定住の促進につながるような先導的、先駆的な取り組み

 しまねづくりトライ事業の助成額は100万円から400万円で、助成率は3分の2。対象はNPO法人が明記されているほか、法人格をもたない団体であっても、10人以上の会員を有するなどの要件を満たせば応募できる。

 両事業とも申請は随時可能。7月、10月、1月に前月20日までに応募のあったものを対象に審査し、交付決定する。予算額は2500万円で、両事業とも今年度は10団体程度を助成する予定。

 この事業は、昨年度まで実施していた「新規分野進出企画支援事業」を廃止して新設した。同財団の担当者は、「これまでは、一回限りのイベントなどにも助成してきたが、今年度からは継続的な事業効果が見込める事業を支援していきたい」と話している。

 詳しい募集要項は以下のURLから見ることができる。
 http://www.teiju.or.jp/challenge/

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南