English Page

ニュース

2003年12月10日 10:00

行政 : 岩手県、NPOに専門家を派遣

 岩手県は10月下旬より、県内のNPOに対して、公認会計士など専門の知識を持つ人材を派遣して、団体の運営等についてのアドバイスを行う「NPOマネジメントアドバイザー派遣事業」を開始した。現在、派遣希望団体を募集している。

 

 岩手県(増田寛也知事)が10月下旬よりおこなっている「NPOマネジメントアドバイザー派遣事業」は、県が進めているNPO支援策の一環。市民活動団体の運営管理部門を支援するために、公認会計士、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、中小企業診断士を希望に応じて派遣する。

 派遣されるアドバイザーとしては、県内の公認会計士、税理士、行政書士、中小企業診断士の計34人が登録。あわせて、岩手弁護士会、県司法書士会、県社会保険労務士会が団体登録をして協力している。

 対象となるのは、NPO法人、ボランティア団体、市民活動団体などで、法人格の有無は問わない。派遣は原則として1日で、1団体につき年3回まで。相談料は無料。アドバイザーに対しては県が1回当たり1万円の謝金と交通費を払う。

 事業開始後1ヶ月が経過した11月末までに、県は8団体に専門家を派遣した。今後も、事業評価をしながら17年度まで派遣事業を継続していく予定。

 地域企画室主事高橋慶子氏は、

「この事業の第一の目的は、NPOのマネジメント強化。

 多くのNPOが、会計、税務などの専門知識をもつ人材を雇用する余裕がないのが現実。そのような団体の活動支援として始めた。加えて、公認会計士、税理士、弁護士といった人たちにNPOの現場に行ってもらうことで、市民活動についての理解を深めてもらうことも期待している。

 企業と異なるNPO特有の組織運営方法などを理解したうえで、専門的知識を社会貢献活動に活かしてもらえればと思う。将来的には、県内にNPOを支援する会計士、税理士などのネットワークができればいい。」

と語っている。

 「NPOマネジメントアドバイザー派遣事業」については、岩手県ホームページ内、下記を参照のこと。
 http://www.pref.iwate.jp/~hp0301/

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南