English Page

ニュース

2004年01月23日 10:00

行政 : 自民、NPOからの支持拡大へ

 自由民主党は、1月16日、団体総局のもとに新たに「NPO・NGO関係団体委員会」を設置した。初代の委員長に熊代昭彦衆議院議員が就任。NPO・NGOとの連携を強化することで、NPO・NGOに所属する個人に対して、自民党への理解と関心を高め、支持層を広げるのが目的だ。

 

 自民党は、以前から、NPOやNGOに関する政策を議論する場として、政務調査会の下に、非営利組織(NPO)に関する特別委員会(通称「NPO特別委員会」:加藤紘一委員長)と、政務調査会の外交調査会の下に、国際的NGOに関する小委員会(通称「NGO小委員会」:塩崎恭久委員長)を設置していた。

 今回は、これとは別に、さまざまなNPO・NGOの関係者に対して、自由民主党への理解や支持を広めていくため、組織本部の団体総局の下に、NPO・NGO関係団体委員会を置くこととしたもの。

 自民党規則を改正し、1月16日より実施した。初代の委員長には、熊代昭彦衆議院議員が就任することが、本日(23日)の総務会によって承認された。熊代議員は、NPO特別委員会の事務局長も務めている。

 熊代議員は、

「NPO法やNPOの税制など、NPOに関する制度は今までいつもNPOの皆さんと相談して作り上げてきました。今回、委員長に就任したことで、より一層皆さんのご意見をうかがいながらNPOが発展する法制度作りに取り組んでいきたい」

と抱負を述べた。

 団体総局の下には、財政・金融・証券関係団体委員会、教育・文化・スポーツ関係団体委員会、社会教育・宗教関係団体委員会、厚生関係団体委員会、労働関係団体委員会、農林水産関係団体委員会、商工・中小企業関係団体委員会、運輸・交通関係団体委員会、情報・通信関係団体委員会、国土・建設関係団体委員会、安全保障関係団体委員会など、14の関係団体委員会があり、この委員会は15番目の委員会となる。

 政務調査会のもとにあるNPO特別委員会やNGO小委員会は従来通り活動する。

 自民党が、この委員会を設置するにあたり発表した「設置の趣旨」は以下の通り。

「NPO・NGO関係団体委員会」設置の趣旨

 組織本部の団体総局内に、「NPO・NGO関係団体委員会」をあらたに設置します。

 この目的は、国民生活の向上に資する社会貢献活動を行っているNPO・NGOと積極的に連携を図り、その活動への支援を通じて、自民党に対する理解と関心を高め、新たな支持層の開拓を期する趣旨からであります。

 このことにより、現在、14団体ある組織本部団体総局内に15番目の関係団体委員会として発足することになります。

-参考-

 「国民生活の向上に資する社会貢献活動を行っている」と限定するのは、当面は「NPO・NGO関係団体委員会」が対象とする団体を、いわゆる特定非営利活動促進法(NPO法・平成10年施行)により認証されている団体(現在、1万4千以上)としているため。

 また、NPO・NGO関係団体としているのは、たとえば環境とか医療とか途上国支援とか同じ活動目的を掲げる関係団体に、「NPO・NGO関係団体委員会」が仲介役を務め、その活動を支援する政策等の提供や協力して関係法案の整備等を通じて、互いの連携を呼びかけ、同じ活動目的のもとに参集できる場を設けることを主たるものとするため。

 但し、NPO法で認証する団体としての要件では「政党を推薦し、支持し、又はこれらに反対することを目的とする団体」であってはならないことが規定されており、あくまで「NPO・NGO関係団体委員会」との連携の中で、団体に所属している個々人が自民党に対する理解と関心を高め、支持層として定着することを期するものである。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南