English Page

ニュース

2004年02月15日 10:00

行政 : 国交省、情報活用の意見募集

 国土交通省は、2月5日、同省が保有する行政情報の活用に関する意見を民間企業や地域のNPO等から募集すると発表した。デジタル放送や次世代携帯などをつかった、魅力的な行政情報の提供の仕方について民間から意見を聞くもの。募集は2月20日まで。

 

 国土交通省は、2002年9月に発足した、経産省、総務省、環境省など6省の課長クラスが参加する「情報家電・ブロードバンド・IT戦略策定タスクフォース」において、情報家電やブロードバンドの技術革新によって実現する社会やライフスタイル、効果的な産業発掘等に関して議論を重ねてきていた。

 特に、急速に普及が予想され、2011年には完全に移行されるデジタル放送については、放送・通信融合プラットフォームとしての機能が期待されており、テレビ放送の高画質化、高機能化が進むとともに、多チャンネル化、データ放送、携帯電話や車載端末へのサービスも可能になるといわれている。

 国交省では、このような技術革新が進む状況下で、どのようなサービスを国民に提供できるか検討してきた。このたびの意見募集は、その第1弾で、同省の有する行政情報のデジタルコンテンツ43点を公開して、その提供方法や活用方法について、民間から意見を求めるもの。

 とくに、市民活動などで、どのようにそれらのコンテンツが活用できるか、NPOなどからの提案を期待しているという。

 今回事例として紹介されているのは、川の防災情報、降水予測、地震情報、渋滞情報、路上工事、空中写真、交通規制情報、外国人旅行者向け宿泊情報など。リアルタイムや10分間隔で更新されるものから、更新はされないが、記録映像やデータとして提供されるものなどさまざま。

 国土交通省総合政策局の担当者は、

「紹介事例は、当省が有する情報をあまり加工しないかたちで提供している。これを民間の立場から見たときに、『もっと魅力的な提供の仕方がある』とか、『この情報とこの情報を組み合わせれば効果的だ』などという意見がほしい。

 特にNPOの方は、日々、地域に密着した視線で行政情報を見ることができると思うので、行政の情報をもっと役にたつものとする提案が寄せられることを期待している。」

と話す。

 意見募集は2月20日までだが、情報事例は、2月末までは、以下のURLから見ることができる。
 http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/01/010205_.html

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南