English Page

ニュース

2004年06月06日 10:00

行政 : 大阪市、環境施策市民調査隊

 大阪市は、環境関連施策を点検、改善していくため、市民ボランティアによる「市民環境調査隊」を7月に発足させる。6月1日より25人の調査隊メンバーの募集を開始した。「市民環境調査隊」の目的は、同市の環境施策や環境保全の取組みを市民の目で評価してもらって、環境保全計画の推進に生かすこと。「調査隊」の事務局はNPO法人大阪環境カウンセラー協会(高井茂理事長)が担う。

 

 大阪市は今年2月に「第II期 大阪市環境基本計画」を策定。1)環境負荷の少ないまち、2) 花と緑と水に親しめる快適なまち、3)脱温暖化のまち、4)持続可能な循環型のまち、5)すべての主体が参加・協力するまち、の5点を「重点的取組」として掲げた。

 同市が募集を開始した「市民環境調査隊」は、この基本計画の着実な実行のために、市内の環境関連施策の点検・評価に広く市民の参加を求め、環境施策に市民の意見を反映する仕組みづくりとして、7月より発足する。

 「市民環境調査隊」の事務局とアドバイザーを担うのはNPO法人大阪環境カウンセラー協会。同協会は、環境に関する専門知識や豊富な経験を持つ環境カウンセラー等で構成され、その知識や経験をもとに、市民や行政、教育機関、事業者など様々な立場の人々に、環境保全活動に関する支援活動を行っている。

 調査活動に当たっては、5つの「重点的取組」ごとに大阪環境カウンセラー協会のアドバイザーを含めたチームを編成。市内で展開している環境関連事業の取組状況を現地調査して、市民の目で評価。市はその評価結果を、施策の改善に反映させていく。

 さらに、「市民環境調査隊」による会議も予定されており、有識者や行政担当者も参加して、環境問題に関する行政と市民のコミュニケーションの推進を図る。

 調査隊メンバーは大阪市内在住・在勤、在学の市民を対象に25人を募集。募集期間は6月1日から6月16日。応募に際しては、「第II期 大阪市環境基本計画」に掲げられた5つの「重点的取組」の中から、興味のあるテーマについての提言を提出する必要がある。この提言などを書類審査して、で6月末をめどに調査隊メンバーが決定する。

 市は、今後2年間は「市民環境調査隊」をモデル的に実施し、その成果を見ながら調査隊の規模や活動内容を充実させていく方針。

 大阪市都市環境局によれば、「市民調査隊については、環境保全活動にかかわってきた人たちの参加を期待していることはもちろんだが、学生、主婦の方などが市民の視点で市の環境施策や事業に対して評価してくれることも期待している。提言は800字程度でいいので、たくさんの市民に応募してもらえるといい。」とのことである。

 「市民環境調査隊」については、大阪市都市環境局サイト内、下記を参照のこと。

 http://www.city.osaka.jp/toshikankyo/contents/11new/new48.htm

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南