English Page

ニュース

2005年02月14日 10:00

行政 : ローカル・マニフェスト推進ネット

 2月4日、東京都内で岩手から熊本までの18府県知事を含む185人の首長が加入する「ローカル・マニフェスト推進首長連盟」が結成された。同時にNPOなど市民サイドからマニフェスト作りなどを支援する「ローカル・マニフェスト推進ネットワーク」が結成された。両団体は連携して「マニフェスト型選挙」の普及を目指す。

 

 マニフェストとは、選挙の際に政党や候補者が施策の数値目標や達成時期を定めた具体的な選挙公約集のこと。単なる口約束に終わりがちな「公約」とは異なり、有権者が達成度を検証することができる。語源は「あきらかにする」という意味のイタリア語。

 日本では、2003年の統一地方選挙と総選挙に取り入れられ、「マニフェスト」という語は同年の「流行語大賞」にもなり、日本においても定着しつつある。また、日本では地方自治体の首長選の候補者が作るマニフェストを、国政選挙のものと区別して「ローカル・マニフェスト」と呼んでいる。

 2月4日、ローカル・マニフェストの普及を目指す「ローカル・マニフェスト推進首長連盟」の結成大会が4日、東京都内で開かれた。

 この連盟には、浅野史郎宮城県知事、堂本暁子千葉県知事、松沢成文神奈川県知事、國松善次滋賀県知事、片山善博鳥取県知事、潮谷義子熊本県知事など18府県知事を含む185人の首長が加入。

 会員には次回選挙でのマニフェスト作成を義務付けるとした「憲章」を採択した。連盟の代表世話人には、全国に先駆け2003年4月の選挙でローカル・マニフェストを策定した増田寛也岩手県知事、石田芳弘愛知県犬山市長、逢坂誠二北海道ニセコ町長の3人が就任した。

 同日、「ローカル・マニフェスト推進首長連盟」にあわせて、NPOなど市民サイドの組織として「ローカル・マニフェスト推進ネットワーク」も結成された。このネットワークは、マニフェスト作りの支援を行い、その評価と検証のノウハウの普及活動を行う。

 また、2003年秋の公職選挙法の一部改正で、選挙期間中に法定ビラやハガキ以外のマニフェスト配布が可能となったが、現在、その対象は国政選挙で政党が発行するものだけ。結成にあたって両団体は、ローカル・マニフェストの配布が可能になるよう、今通常国会で公職選挙法の改正を目指すとした大会宣言も行った。

 「ローカル・マニフェスト推進首長連盟」のホームページは下記。

 http://www.local-manifesto.jp/headleague/

 「ローカル・マニフェスト推進ネットワーク」のホームページは下記。

 http://www.local-manifesto.jp/network/

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南