English Page

ニュース

2005年03月03日 10:00

行政 : 認定法人、再申請を断念

 2月28日、国税庁長官の「認定」を受けた認定NPO法人であった大阪のNPO法人が、2年間の認定有効期間を終了。あえて再申請を行わなかったため、3月1日からは一般のNPO法人に戻った形となった。過度の書類作成が求められるなどの、認定NPO法人制度の不備により、NPO側から認定の再申請を拒否した形となった。こうしたケースは初めて。

 

 この法人は、大阪市の「カスパル(アジアの児童買春阻止を訴える会)」。

 任意団体として1989年から活動をはじめ、1999年にNPO法人格を取得。一貫して、タイやフィリピンなど、アジア地域の子どもたちを買春から守る活動を展開してきた。

 収入に占める寄附割合は高く、認定要件も満たすことができることから、認定申請を行い2003年の3月1日から「認定NPO法人」となった。

 しかし、現行制度では、認定の有効期間は2年間のみであり、「更新」の仕組みがないため、継続を希望するならば、有効期間が終了する以前に再度の申請をして、新たな「認定」を受けなければならない。同団体は、あえてこの再申請を行わなかったもの。

 その理由について、代表の近藤美津枝氏は次のように述べている。

 「認定申請のためには、膨大な書類を作成しなければならない。この書類作成のために、本来の子どもたちを守る活動ができなくなってしまう。これではまるで書類を作るために会を運営しているようなもの。大きな規模の団体で、こうした事務に専門職員を雇用できるようなところは別だが、カスパルでは資金はできるだけ本来事業に使いたいと考え、人件費は抑えている。全国の方々から寄附が寄せられているが、これは子どもたちを助けたいという思いから。そうした思いを実行に移すため、つまり、本来の活動に力を注ぐために、再申請はあえて行わなかった。」

 認定NPO法人制度が、ほとんどのNPO法人にとって使いにくいものであることは指摘されてきており、それを受けて今年の4月から書類の簡素化は一定行われる予定となっている。しかしながら、どの程度簡素化されるかは現時点では分かっていない。

 なお、今年2月28日には、新たに2つの認定法人が誕生し、全体の認定NPO法人の数は31法人となっていたが、その翌日の3月1日にはこのカスパルの認定終了にともなって、30法人と減少した形となった。

 現在の認定NPO法人の名簿は、国税庁の次のホームページから見ることができる。

 http://www.nta.go.jp/category/npo/04/01.htm

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南