English Page

NPO法人の運営

2007年10月30日 16:00

役員の辞任について、何か制限はありますか。

 NPO法にもNPO法が準用している民法にも、理事の辞任に関する定めはありません。理事とNPO法人との関係は、NPO法人を「委任者」理事を「受任者」とする、民法上の委任関係と解されます。従って、原則としては理事はいつでも辞任をすることが出来ます(民法651条1項)。

 但し、完全に自由というわけではなく、次のような制約があります。

 まず、NPO法では理事の人数は3人以上でなければならないと定められています。このため例えば3人しか理事がいないときに、そのうちの一人が辞任しますと法定数を欠くことになりますので、辞任の登記が出来ません。法人の内部的には辞任したことになっても、対外的には登記上理事のままですから、第3者との関係では理事としての責任が残ることになります。

 この場合NPO法人としては、早急に新しい理事を選任し、その登記と同時に辞任した理事の辞任の登記をすることになります。

 次に、理事が委任者であるNPO法人のために「不利な時期」に辞任する場合には、辞任すること自体は自由にできるのですが、その辞任によってNPO法人が損害を被ったときにはその損害を賠償しなければなりません(民法651条2項)。但し、理事の辞任が、例えば病気などのやむを得ない事情によるものであるときは、損害賠償責任はありません。

 なお、どのような場合にNPO法人に損害を被らせることになるかは、ケースバイケースですが、実際にはその損害の算定はなかなか困難なものです。

(浅野)

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南