English Page

NPO法人の運営

2007年10月30日 16:18

総会の開催が事業年度終了後3ヶ月を過ぎてしまいました。所轄庁に何か届けを出すべきですか。

 NPO法では、NPO法人は毎事業年度初めの3ヶ月以内に、前事業年度の事業報告書等や役員名簿等、定められた書類を作成しなければならないことになっています。また、内閣府令やそれぞれの所轄庁の条例によって、多くの場合は3ヶ月以内にこうした書類を所轄庁に提出しなければならなくなっています。

 ほとんどのNPO法人は、定款で事業報告書や収支計算書などは総会での議決あるいは承認事項としているため、総会の開催も、事業年度終了後3ヶ月以内に行われなければならないことになります。

 さらに、「罰則」(第49条)によって、これらの書類の作成および提出が遅れた場合、NPO法人の理事、監事は、20万円以下の過料に処されることがあります。

 よって、遅れた場合は、できるだけ速やかに総会の開催準備をすべきです。なお、所轄庁によって取り扱いは異なるとは思いますが、事情を説明して、早急に書類を提出する意志があることは所轄庁に伝えておいた方が良いようです。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南