English Page

NPO法人の運営

2007年10月30日 16:06

認証を受けた後、登記するためにはどのような書類が必要ですか。

 所轄庁から認証書が届いたら、その日から2週間以内に管轄の法務局で設立登記をしなければなりませんが、その時に必要な書類は以下のようなものです。

1.申請書
2.所轄庁から届いた認証書
3.定款
4.役員就任承諾書および宣誓書
5.設立当初の財産目録
6.その他

 ただし、法務局によっては申請書がOCR用紙だったりしますし、添付書類についても若干扱いが違いますから、事前に管轄法務局に問い合わせてください。

 多くの場合は、2.の認証書は、コピーをとってその余白に「原本と相違ない」旨の文章を書いて、代表者の肩書き、氏名、押印をするよう求められるようです(原本証明といいます)。この時の代表者と印鑑は、印鑑登録する代表者と印鑑にします。

 3.の定款も、最後のページなどの余白に「原本と相違ない」旨の文章を記し、同様に代表者の肩書き、氏名、押印を求められるようですし、定款が数ページにわたる場合は、ホチキスなどで綴じて、各ページ毎に前ページを折り、次ページにまたがって割印をするように言われるようです。

 4.の役員就任承諾書および宣誓書は、所轄庁に提出したのと同じ書類を、上記と同様に原本証明して提出します。

 5.の財産目録は、2003年4月までは所轄庁にも提出する書類でしたが、同年5月からは認証申請時には所轄庁へ提出する必要はなくなりました。そのため、認証を受けた後に、この登記のために新しく作成することになります。設立当初ですから、財産がゼロということもありえる訳で、その場合はゼロの数字を書いて提出すれば良いのです。これも東京法務局本局によれば、原本証明するのだそうです。

 なお、法務局では登記の際、上記のように提出するために原本証明した書類の他に、原本自体も持参するようにと言っています。原本と、原本証明したコピーとを見比べて、あとで原本は戻してくれるそうです。

 なお、設立登記の際には、ふつうは法人代表者印の登録も同時に行います。この印鑑登録に関しても、各法務局で必要書類が違うようなので、直接問い合わせしたほうがいいと思います。なお、この印鑑登録については、実際に印鑑を持参しなくても、あらかじめ必要書類を入手して、押印などをすませて持っていけば足りるようです。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南