English Page

NPO法人の運営

2007年10月30日 16:22

NPO法人が解散する際、定款で定めていた譲渡先団体が受取りを拒否することはありえますか。また、もし拒否した場合は残余財産はどうなるでしょうか。

 解散時に残余財産を受け取ってくれないということは考えられることです。

 NPO法人の解散例ではありませんが、山林を譲渡しようとしたところ、里山としての保全を条件にしたためになかなか受け取ってくれなかったとか、歴史的建造物なので市に譲渡しようとしたところ、保存が難しいのでなかなか受け取ってくれなかったという話を聞いたことがあります。

 もし、定款で定めておいた法人が受け取ってくれない場合は、総会で定款変更をして、受け取ってくれるという別の法人にするとか、最初から「NPO法人もしくは公益法人」へ譲渡するものとして、特定の法人名を入れないなどの方法もあります。

 なお、どの法人も受け取ってくれない場合、また地方公共団体への譲渡も行わない場合は、NPO法第32条第3項の「(前略)処分されない財産は、国庫に帰属する」という規定から、国が受け取ることになります。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南