English Page

NPO法人の運営

2007年10月30日 15:53

NPO法人には、監督制度や罰則規定がありますか。

 はい、あります。

 NPO法では、所轄庁による監督制度が規定されています。NPO法人は、NPO法や法人の定款に従った運営がなされているか、他の法令に違反していないかなどについて、所轄庁によって監督されることになっています。

 法人の要件や、運営が著しく適正を欠くなどの状況に応じて、所轄庁はその法人から報告を求めたり、立ち入り検査をしたり、改善命令を行ったり、認証の取り消しを行ったりします。

 また、改善命令に違反したり、各種の届出を怠るなどのNPO法の規定に違反した場合には、罰則規定が設けられています。罰金や過料が科せられる場合があります。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南