English Page

NPO法人の会計

2007年11月01日 11:01

共通経費を収益事業や非収益事業などで按分する時、その割合はどうしたらよいのですか。

 共通費は一定の配賦基準(区分を振分ける基準のことです)を設けて按分計算しますが、その配賦基準は、収入割合、労働時間の割合(有給者だけではなくボランティアの労働時間を含めてもよい)、使用する建物の面積割合等、合理的に説明のつくものであれば何でもかまいません。

 また、経費科目によって使う基準を変えてもよいのです。たとえば人件費は従事時間に よって按分したり、水道光熱費は面積割合によって按分したりしてもよいのです。ただし、一度決めたらみだりに変えることは好ましくありません。

 なお、按分計算は一定の仮定に基づく近似値の計算に過ぎませんから、あまり厳密に考える必要はありません。合理的な説明がついて継続適用していれば、特に問題とされることはないはずです。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南