English Page

NPO法人の税務

2007年11月01日 12:13

指定管理者が設置者から受ける委託料は請負業として収益事業となるのか?

 指定管理者制度は地方自治法の解釈ではでは「委託」でも「請負」でもないとされ、自治体の条例でもその辺は地方自治法と同じです。結局、協定書でどのように規定されているかによることになると思われます。

 協定書は通常、「委託料を支払う」という表現があったり、付属の仕様書が「管理運営業務委託仕様書」とされており、このような協定であれば、法人税法上は「請負業」と解釈されてもやむを得ないのではないかと思われます。

 なお、協定書に実費精算の規定があって、そのことについて税務署長の確認を受けた場合は、収益事業には該当しません(法人税基本通達 15-1-34)。

 ご質問にはありませんが消費税法上も課税売上として扱われます。

(脇坂)

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南