English Page

その他ニュース

2011年02月09日 19:30

その他 : 内閣府、NPO法人情報開示のパブコメ開始

 2月9日、内閣府は、「NPO法人の情報開示・発信基盤整備の在り方について(案)」及び「NPO法人基本情報フォーマット(案)」に関するパブリックコメントを2月10日から2月19日まで募集すると発表した。 「NPO法人の情報開示・発信基盤整備の在り方について(案)」及び「NPO法人基本情報フォーマット(案)」は、新しい公共推進会議の下に設置された、情報開示・発信基盤に関するワーキング・グループが、これまでの検討項目をまとめたもの。

 

 情報開示・発信基盤に関するワーキング・グループは、2010年10月に発足した「新しい公共」推進会議の下にある「NPO等と行政のあり方について検討を深める専門調査会」が議論を進める中、極めて重要な課題の一つとして「NPO等の情報基盤の整備」があげたことにより、昨年12月末に設置された。
 メンバーは、情報開示の基準や仕組み作りに関心のある主なNPO・NPO支援組織関係者、研究者等で構成される。

  平成23年度からの実現を目指す寄附税制の導入や新たな制度改革が、寄附文化に与える影響を念頭に、新しい公共の担い手と期待されるNPO法人等が情報公開・発信を通じて透明性や、信頼性を高めるとともに、市民が寄附の対象となる団体を選択するための情報環境の整備に向け、官として取り組むべき最低限の情報開示の在り方、官と民の取組の効率的・効果的な連携の在り方等について、これまで3回にわたり検討を重ねてきた。

 情報開示・発信基盤整備の在り方についての方向性及び「新しい公共支援事業」を通じて市民に発信すべき基本情報フォーマットの成案は、パブリックコメントを経て、2011年3月末までに、専門調査会、「新しい公共」推進会議に提出される見込み。

パブリックコメントは、ウェブ(フォーム入力)、電子メール、ファックス又は郵送で、誰でも提出できる。
意見提出期間は、2月10日(木)午前0時から2月19日(土)まで。
詳細は、下記ページを参照。

■内閣府:情報開示・発信基盤整備の在り方について(案)及びNPO法人基本情報フォーマット(案)に関する意見募集 
http://www5.cao.go.jp/npc/wg-ikenbosyuu/wg-ikenbosyuu.html

☆参考☆
■内閣府:情報開示・発信基盤に関するワーキング・グループHP
☆会議資料・動画・議事録等全て掲載
http://www5.cao.go.jp/npc/suishin.html

■内閣府:新しい公共支援事業/新しい公共支援事業運営会議)HPhttp://www5.cao.go.jp/npc/unei/uneikaigi.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

情報開示・発信基盤整備の在り方について(案)及びNPO法人基本情報フォーマット(案)に関する意見募集

1.概要
情報開示・発信基盤に関するワーキング・グループは、平成23年度から予定されている寄附税制における税額控除の選択的導入、平成24年度からの「新たな認定制度」の実施等を念頭に、寄附者が適切に判断できる情報環境の整備に向け、政府として取り組むべき最低限の情報開示の在り方、行政と民間の取組の効率的・効果的な連携の在り方等について検討しているところです。
 本ワーキング・グループは、議論の一定の成果として、情報開示・発信基盤整備の在り方についての方向性及び「新しい公共支援事業」を通じて都道府県から国民に発信すべき基本情報フォーマットの成案を得ることとしています。
 この成案の作成に当たっては、国民の皆様のお考えを広くお聞きし、検討を進めて行きたいと考えています。ついては、本ワーキング・グループがこれまでに議論している「情報開示・発信基盤整備の在り方について(案)」と都道府県に示す情報フォーマットの基となる「NPO法人基本情報フォーマット(案)」*について、パブリックコメントの募集を行います。本パブリックコメントに御協力頂き、議論に積極的に御参画頂ければと存じます。
*「NPO法人基本情報フォーマット(案)」は、NPO法人と対象としたものになっておりますが、新しい公共支援事業における情報フォーマットでは、NPO法人以外にとっても使えるものとする予定です。

2.意見募集の対象となる資料
I.情報開示・発信基盤整備の在り方について(案)
II.NPO法人基本情報フォーマット(案)
※なお、参考資料として、「行政の電子情報の整備について」と「内閣府NPOポータルサイトから民間データベースにリンクさせるイメージ」を添付しています。

3.意見の提出方法
ウェブフォーム、電子メール、ファックス又は郵送のいずれかの方法で次の事項を記入の上、提出して下さい(電話による御意見の提出は御遠慮下さい)。
【記入事項】
ウェブフォームの場合、以下URLの意見送信フォームに入力し、お送りください。
http://www5.cao.go.jp/npc/wg-ikenbosyuu/wg-ikenbosyuu.html
電子メール、ファックス又は郵送の場合、別紙の様式に記入してお送りください。
【宛先】
政策統括官(経済社会システム担当)付参事官(総括担当) 宛
【提出方法】
○ 内閣府ホームページから投稿:「情報開示・発信基盤に関するワーキング・グループ」の「意見募集」の意見送信フォームを活用して送信。
 http://www5.cao.go.jp/npc/wg-ikenbosyuu/wg-ikenbosyuu.html
○ ファックス:03-3581-0953 に送付。
○ 郵送:〒100-8970 東京都千代田区霞ヶ関3-1-1 に郵送。
なお、ファックスでお送り頂く場合には、表題を「情報開示・発信基盤整備の在り方について及びNPO法人基本情報フォーマットについての意見募集について」として頂きますよう、また郵送の場合には封筒表面に同じく朱書き頂きますようお願いします。
【意見提出期間】 平成23 年2月10日(木)~平成23 年2 月19日(土)中
【提出上の注意】
○ お寄せ頂いた御意見・情報に対して個別に回答は致しかねます。
○ お寄せ頂いた御意見については、個人を特定しない形で公開させて頂く可能性がありますので、その旨御了承願います。

意見提出様式

御名前 
※企業団体の方の場合、団体名及び部署名も併せて御記入下さい。

資料 □情報開示・発信基盤整備の在り方について □基本情報フォーマット
該当箇所   ページ  行目
「                       」に対する意見
御意見

理由

資料 □情報開示・発信基盤整備の在り方について □基本情報フォーマット
該当箇所   ページ  行目
「                       」に対する意見
御意見

理由

資料 □情報開示・発信基盤整備の在り方について □基本情報フォーマット
該当箇所   ページ  行目
「                       」に対する意見
御意見

理由

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南