English Page

メルマガ

2022年04月21日 11:21

No.392【明日14時・残席僅少!】NPO助成財団シンポ、【アーカイブ配信】事業復活支援金セミナー、助成金情報など

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セイエン・市民活動を支える制度をつくる会 メールマガジンNo.392
-セイエン・メルマガはNPOに関する最新情報をお届けしています-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2022-04-21■

いつもメールマガジンをご愛読いただき、誠にありがとうございます。

今回も、新型コロナ対応支援の助成金・補助金情報やセミナー・イベント情報などの、お役立ち情報をご紹介します。年度末のお仕事・タスク確認に「年間運営スケジュール表」も、ぜひご活用ください。

★研修会・セミナー等 アーカイブ配信中!
3月に開催しました「改正個人情報保護法研修会」、4/14に開催した「事業復活支援金セミナー」もアーカイブ配信を開始しました。お時間あるときに、ぜひご覧ください!

★【明日開催!残席僅少】4/22(金)NPO支援財団研究会 2022 WEBシンポジウム(オンライン開催・無料)
「多様化するNPOの資金源と助成金のメリット~よりよい助成申請をするために」
昨春にも開催したNPO支援財団研究会のシンポジウムを、今年も4月22日(金)14時からオンライン開催します。毎回たくさんのお申込みをいただき、ご好評いただいているシンポジウムです。春公募の相談に、秋公募に向けた情報収集に、ぜひご活用ください!

また、明日夜には、深刻化するウクライナでの人道危機について、下記イベントも開催されます。

★【明日オンライン開催・無料】4/22(金)「ウクライナ人道危機 緊急オンラインイベント~ウクライナ人道支援現場からの最新報告と今、私たちにできること」
日時:2022年4月22日(金)20時~21時
主催:公益財団法人パブリックリソース財団
詳細・申込⇒ https://bit.ly/381sB4K

各種支援策については、弊会でも情報収集を進め、これから説明会等も開催予定ですので、ぜひご活用ください!

━━━━━━━━━━━━━━━ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━
【0】【無料・アーカイブ配信5/31まで】20220414【無料・オンライン開催】NPO法人等も対象&使途制限無し!「事業復活支援金」解説セミナー

【1】20220511・0521【認定NPOの取得・更新に】 認定NPO法人入門クラス 《2022年度 第5・6回》

【2】20220422【オンライン開催・無料】NPO支援財団研究会 2022 WEBシンポジウム
「多様化するNPOの資金源と助成金のメリット~よりよい助成申請をするために」

【3】新型コロナ対応 支援活動向け民間助成金情報(全国対象)【4月締切等】

【4】新型コロナ対応 政府支援策アップデート【事業復活支援金スタート!】
事業支援:事業復活支援金・事業再構築補助金・持続化補助金など
活動支援:「孤独・孤立」対策活動、政府備蓄米活用など

【5】【無料・アーカイブ配信10/15まで】20220311開催「改正個人情報保護法」研修会~4/1施行に向けて学ぼう!

【6】年初・年度末タスクの確認に「年間運営スケジュール表」ご活用ください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
【0】【無料・アーカイブ配信5/31まで】20220414【無料・オンライン開催】NPO法人等も対象&使途制限無し!「事業復活支援金」解説セミナー
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

《本配信は4/14に下記内容で開催したセミナーのアーカイブ配信です。》

講師・ゲストスピーカーのご協力により、アーカイブ配信を実施できることになりました。この場をお借りして深く御礼申し上げます。

お申込みいただくと、当日動画(vimeo)と配布資料(PDF・エクセル)等をご利用いただけます。
なお、事業復活支援金の事前確認期限は【5/26まで】、申請期限は【5/31まで】となっています。期限には十分ご注意ください。
配信期間:2022年4月17日~5月31日(予定)

■申込(peatixを利用):下記ページの右側「チケットを申し込む」から
⇒ https://20220417seien.peatix.com/

++++++++++++++++++++++++++

コロナ禍では、NPO法人等を対象とした様々な支援策が実現し、活用も進んでいます。その中でも、NPO法人をはじめ、新型コロナの影響を受けた幅広い法人が対象となるのが「事業復活支援金」です。

「事業復活支援金」は、新型コロナで減収した事業者(NPO法人等を含む)を支援するための給付金で今年1月末から申請受付がスタートしています。
支給上限(売上=収入1億円以下の法人の場合)は「減収50%以上:100万円 / 30%以上50%未満:60万円」で、助成金・補助金と異なり使途制約はありませんので、人件費・家賃等の固定費や借入金返済、備品購入等に自由に使うことができます。

また、持続化給付金や一時・月次支援金と同様に、法人税申告をしていない団体向けの「NPO法人・公益法人等特例」や寄付金・助成金等を収益の柱としている団体向けの「寄付型NPO法人特例」等の特例も設けられていて、こちらも2/18から受付が開始されています。まさに、事業型・寄付型問わず、コロナ禍からの事業(活動)の再開・拡充等を目指す団体には打ってつけの支援金となります。

一方で、持続化給付金とは異なり、申請には「登録確認機関」による事前確認が必要であり(一時/月次支援金の受給者は事前確認の省略が可能)、手続きや必要書類等も異なっているため、まだNPO法人等の理解や申請が進んでいるとは言えません。5月末の申請期限もあと2ヵ月と迫ってきました。

そこで今回、NPO法人等の一時・月次支援金や事業復活支援金の登録確認機関でもあり、申請支援を特例申請を含め多くを手掛けられている税理士・中小企業診断士の長田氏を講師にお招きして、特例を含む事業復活支援金を解説するセミナーを開催いたします。
当日は、実際に寄付型NPO法人特例で申請中の認定NPO法人ほっとすぺーす・つきの奥江氏にもゲストスピーカーとして申請団体から見た注意点やポイントもお話いただく予定です。

制度に精通した専門家から直接学べる機会です。参加費は無料で質疑応答の時間もありますので、ご関心のある皆様、ぜひご参加ください!
※お近くやお知り合いで「登録確認機関」がなくてお困りの団体さんには、一定のサポートが可能です。当日ご案内いたします。

●「事業復活支援金」については、下記ページをご参照ください。
【事業復活支援金 事務局】「事業復活支援金」特設サイト
⇒ https://jigyou-fukkatsu.go.jp/
※申請受付期間:~5/31締切、特例申請も2/18からスタート

■内容
講師:セイエン 理事/税理士・中小企業診断士 長田和弘氏
ゲストスピーカー:認定NPO法人ほっとすぺーす・つき 奥江英樹氏
司会:セイエン 代表理事 関口宏聡

■対象:NPO法人等の非営利法人で関心のある方、その他中間支援組織・専門家・行政等

■参加費:無料

■協力:ソーシャルビジネス研究会(一般社団法人東京都中小企業診断士協会 認定)
⇒ https://social-business.org/

■主催:特定非営利活動法人セイエン

↑ 目次へ

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
【1】20220511・0521【認定NPOの取得・更新に】 認定NPO法人入門クラス 《2022年度 第5・6回》 (オンライン開催・有料)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

■日時:5/11(水)18~20時、5/21(土)10~12時
※参加者数や質疑応答数などに応じて最大1時間ほど延長の可能性があります。

■司会・講師:セイエン 代表理事 関口宏聡

■内容:認定NPO法人の取得・更新について、基礎的な内容を初心者にもわかりやすく解説するセミナーです。新任の方の研修に、担当者の方の復習に、ぜひ、ご活用ください!

■詳細・申込:下記peatixページの右側「チケットを申し込む」から
【5/11開催分】
peatix⇒ https://20220511seien.peatix.com/

【5/21開催分】
peatix⇒ https://20220421seien.peatix.com/

↑ 目次へ

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
【2】20220422【オンライン開催・無料】NPO支援財団研究会 2022 WEBシンポジウム
「多様化するNPOの資金源と助成金のメリット~よりよい助成申請をするために」
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

NPO支援財団研究会は、NPOと助成財団のより良いパートナーシップ構築に向けて、全国でシンポジウムを開催してきました。

近年、NPO活動を発展させていく資金はいっそう増えてきています。政府のさまざまな補助金や休眠預金、クラウドファンディング、融資など、NPOは多様な資金を活用できるようになってきました。その中で、民間や行政独立法人などが提供する助成金はどのようなメリットがあるのでしょうか?プログラムに込められた想いや資金だけでない支援プログラムなど、助成財団がNPOとパートナーシップを組んで何を実現していきたいか、またその想いに応える申請はどうすればいいのか、をお伝えします。

また、春募集の助成プログラムや今年後半の助成プログラムの紹介もあります。助成金申請を検討しているNPOには必聴です。ぜひ、ご参加ください!

【日時】2022年4月22日(金)14:00~17:50

【開催場所】オンライン(ZOOM開催:申込者にURLを送信します)

【定員】200名

【参加費】無料

【参加対象】
NPOやNPO法人、ボランティア団体、各地のNPO中間支援団体及び助成財団・団体、企業、自治体関係者、企業のCSR関係者 等

【プログラム】※詳細は決定次第、随時更新していきます。
●開会あいさつ
田中晧(NPO支援財団研究会代表/助成財団センター理事)

●第一部
基調講演「多様化するNPOの資金源の中で助成金のメリットはなにか」
松原明(シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 元代表理事)
・NPOの資金源はどのようなものがあるのか
・その中で助成財団の助成金はどのようなメリットや特徴があるのか
・助成財団の想いに応えていい申請をするには何に気をつけるべきか

●第二部
「各財団の助成プログラムとそこに込めたメッセージ」
・助成プログラムの概要
・助成プログラムが求めているNPO像
・プログラムが出したい成果
参加各財団 / 司会:松原明

●第三部
「助成事例にみる財団の期待するポイント」
《 トヨタ財団×一般財団法人泉北のまちと暮らしを考える財団 》
《 日本郵便×特定非営利活動法人仕事工房ポポロ 》
《 日本財団×一般社団法人ローランズプラス 》
司会:渡辺元(立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 客員教授)

●質疑応答
司会:渡辺元

●閉会挨拶

+++++ zoom等切り替え +++++

●第四部
「グループ別質問・相談会」
数財団ごとにグループをつくり、zoomミーティングのブレイクアウトルーム機能を利用して、少人数で担当者の方々と、より詳しい質問や相談ができるコーナーです。各グループへの参加や相談会自体への参加も入退室自由です。
※第四部のみご参加希望の方も、お手数ですが、お申込みをお願いいたします。グループ分けは以下の通りです。
《Aグループ》キリン福祉財団/SOMPO福祉財団/福祉医療機構
《Bグループ》トヨタ財団/SOMPO環境財団/日本郵便 
《Cグループ》三菱財団/電通育英会/日本財団
《Dグループ》中央共同募金会/読売光と愛の事業団/助成財団センター

【申し込み方法】下記peatixページの右側「チケットを申し込む」からで申し込みをお願いします。
⇒ https://20220422nposympo.peatix.com/

【出席財団】(予定、50音順)
キリン福祉財団、助成財団センター、SOMPO環境財団、SOMPO福祉財団、中央共同募金会、電通育英会、トヨタ財団、日本財団、日本郵便、福祉医療機構(WAM)、三菱財団、読売光と愛の事業団

【主催】NPO支援財団研究会(事務局:公益財団法人助成財団センター)

↑ 目次へ

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
【3】新型コロナ対応 支援活動向け民間助成金情報(全国対象)【4月締切等】
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

※締切日順で掲載、「★」が新規掲載分、休眠預金活用制度による助成金等を含む

●【休眠預金活用制度】一般社団法人全国フードバンク推進協議会
「生活困窮世帯に対する緊急食料支援事業」
フードバンク等の食料支援を行う団体が、行政や社会福祉協議会、子ども食堂などと連携して実施する食料支援活動の地理的・数量的な拡大をめざし、スタッフの雇用やインフラ整備、助成事業の実施に必要なその他の経費を助成
助成上限:600万円、助成総額:4,200万円予定
⇒ https://www.fb-kyougikai.net/kyuminyokinjosei2021
※公募中、4/25締切、4/8オンライン説明会

●【休眠預金活用制度】認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
「こども食堂を通じた復興格差是正・防止事業 -コロナ禍をよりレジリエントな地域創造のステップに-」
助成上限:1,000万円、助成総額:5,000万円、採択予定:5~10団体
⇒ https://musubie.org/news/4972/
※公募中、5/2締切、4/18オンライン説明会・4/21オンライン申請書作成説明会等開催

●Yahoo!基金
「インターネットやIT技術の利活用を通じた市民活動の支援プログラム」
新型コロナウイルスの影響を受け困窮する人々を支援する団体に対し、インターネットの利用、IT技術の利活用、DX化を促進する支援
助成上限:100万円/件、助成総額:1000万円
⇒ https://kikin.yahoo.co.jp/support/it.html
※公募中、5/9締切

●公益財団法人パブリックリソース財団
【コロナ寄付プロジェクト】第6回公募を開始しました
以下の4分野で取り組むNPO等が対象、※特に資金の使途は定めません。
「医療分野助成基金」助成上限300万円 採択想定件数:4件程度
「福祉・教育・子ども分野助成基金」助成上限200万円 採択想定件数:5件程度
「文化・芸術・スポーツ分野助成基金」助成上限100万円、採択想定件数:3件程度
《新規》「雇用喪失・生活困窮者分野助成基金」助成上限200万円、採択想定件数:8件程度
⇒ https://www.public.or.jp/post/%E3%80%90%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E5%AF%84%E4%BB%98%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%80%91%E7%AC%AC6%E5%9B%9E%E5%85%AC%E5%8B%9F%E3%82%92%E9%96%8B%E5%A7%8B%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F
※公募中、5/10締切

●公益財団法人さわやか福祉財団
「地域助け合い基金」ご寄付のお願いと助成のご案内
※公募中、随時受付・審査

【間接対象】
直接対象ではないが、新型コロナによって顕在化した、より深刻化した課題・問題等への活動も対象となりうる助成金など

●第一生命保険株式会社
「第74回 保健文化賞」
保健衛生(関連する福祉等を含む)を実際に著しく向上させた団体あるいは個人などを表彰
受賞者全員に以下をそれぞれ贈呈
厚生労働大臣賞(表彰状)・第一生命賞(感謝状:賞金 団体200万円、個人100万円)・朝日新聞厚生文化事業団賞(記念品)・NHK厚生文化事業団賞(記念品)
⇒ https://www.dai-ichi-life.co.jp/dsr/society/challenges/hoken02.html
※公募中、4/15締切

●【休眠預金活用制度】特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
「2021年度通常枠 災害支援事業(防災・減災支援、緊急災害支援)」
《助成A》 平時3年間の「発災から復興期を見据えた食料支援体制構築(防災・減災)」
助成上限:3年間で最大4,000万円、助成総額:8,500万円
《助成B》 災害時 1年間の「災害時食支援ラストワンマイルへの到達事業(緊急災害支援)」
助成上限:2,500万円、助成総額:7,500万円
⇒ https://www.japanplatform.org/contents/kyuminyokin/programs/support2021.html
※公募中、4/18締切、3/14オンライン説明会

●ジョンソン?エンド?ジョンソン日本法人グループ
「JCI助成プログラム」
対象となる支援領域:ヘルスケアに関連した次世代を担う子ども・若者の支援
助成上限:1年間で最大1000万円まで
⇒ https://www.jnj.co.jp/our-societal-impact/grant-program_2022
※公募中、4/22締切

★公益財団法人日本フィランソロピック財団
第1回「子どもまんぷく基金」助成先募集
今すぐに支援が必要な子どもたちへ支援を届ける為、機動的に活動し直接支援をしている事業や団体を支援
1団体あたりの助成金額:50万円~300万円、助成総額:1,000万円、採択団体数:4-6団体程度
⇒ https://np-foundation.or.jp/information/20220411.html
※公募中、4/26締切

●Yahoo!基金
「2022年度被災地復興調査助成」
復興支援活動を行う際の、被災地域や被災者のニーズに関する調査・分析の実施、および、その結果に基づいたパイロット事業に助成
⇒ https://kikin.yahoo.co.jp/support/fukko.html
※公募中、5/9締切

●認定NPO法人ジャパン・カインドネス協会
「全国被災地こども支援 3.11基金」
全国の被災地で子どもの支援を行っている団体(子どもの居場所づくり、遊び場づくり、体験学習、学習支援など、子どもたちが自らの力で切り開いていける活動)に助成
助成上限:30万円、助成総額:100万円 ※人件費・管理費等も助成対象
⇒ https://www.jkkyoukai.com/311fund/
※公募中、5/31締切

●一般社団法人全国コミュニティ財団協会
「地域の資?循環とそれを担う組織・若??援者を?み出す?材育成事業」
全国の地方都市において、「地域の課題解決を支える地域の資金循環(ファンド)機能とそれを担う組織及び若手人材を生み出し、育む事業」に対するスタートアップ支援助成
助成上限:2,200万円/件、採択予定4団体程度
⇒ https://www.cf-japan.org/newspress/895/
※公募中、5/31締切、4/11・15オンライン説明会

●公益財団法人トヨタ財団
2022年度国内助成プログラム「新常態における新たな着想に基づく自治型社会の推進」
(1)日本における自治型社会の一層の推進に寄与するシステムの創出と人材の育成
日本全体で自治型社会が推進されていくことを目的とし、各地域における自治の基盤づくりの動きを支え促進すると共に、社会全体に波及する仕組みや制度づくり、その担い手となる人材の育成に取り組むプロジェクト
助成上限:1,000~2,000万円/件、助成総額:約7,000万円・3~5件程度予定

(2)地域における自治を推進するための基盤づくり
一人ひとりの「暮らし」を起点に、地域資源や人と人の関係性を見つめ直し、多様な関係者との対話を重ねながら地域内の主体性や参加の仕組みが育っていく基盤づくりに取り組むプロジェクト
助成上限:600万円/件、助成総額:約4,000万円・7~10件程度予定
※1・2ともに人件費や事務局諸経費を含むプロジェクト実施に必要な費用が助成対象
⇒ https://www.toyotafound.or.jp/community/2022/
※公募中、6/6締切、オンライン説明会等を複数回開催

●国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 社会技術研究開発センター(RISTEX)
「2022年度 社会技術研究開発事業 提案募集」
・科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム(5/9締切)
【研究(助成)規模】1,000万円/年程度上限・ 原則3年間

・科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践 研究開発プログラム(6/8締切)
【研究規模】研究開発プロジェクト:600~1,200万円/年程度・原則1~3年、プロジェクト企画調査:300万円/半年・6ヵ月

・SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム
<シナリオ創出フェーズ・ソリューション創出フェーズ>(6/8締切)
【研究規模】シナリオ創出フェーズ:400~600万円/年程度・原則2年、ソリューション創出フェーズ:1,900万円/年程度上限・原則3年

<社会的孤立・孤独の予防と多様な社会的ネットワークの構築>(6/8締切)
【概要】社会的孤立・孤独のメカニズムを明らかにすると共に、社会的孤立・孤独を生まない社会像を描出し、リスクの可視化や評価手法(指標等)、予防施策及びその効果検証(PoC:概念実証)まで一体的な研究開発を推進します。
【説明会】5月10日(火)14:00~16:30(オンライン開催)
【研究規模】スモールスタート期間:1,200万円/年程度上限・原則1年半、本格研究開発期間:1,900万円/年程度上限・原則3年
⇒ https://www.jst.go.jp/ristex/proposal/proposal_2022.html
※公募中、6/8など締切、オンライン説明会あり

【組織基盤強化】
★パナソニック ホールディングス株式会社
「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」
「貧困の解消」を目指すNPO/NGOが持続発展的に社会変革に取り組めるよう、「海外助成」「国内助成」の2軸で、組織課題を明らかにする組織診断をはじめ、組織課題の解決や組織運営を改善するための組織基盤強化への取り組みに助成
・「組織診断からはじめるコース」:1団体への上限100万円
・「組織基盤強化コース」:1団体への上限200万円
助成総額:海外助成1,500万円、国内助成1,500万円、合計3,000万円
※組織診断や組織基盤強化に必要な経費・人件費、コンサルティング費、助成事業を進める際に必要な事務諸経費などに使用可
⇒ https://holdings.panasonic/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2022_recruit.html
※応募受付期間:2022年7/15~7/31

●【休眠預金活用制度】地域単位実行団体公募・資金分配団体公募
休眠預金活用制度においては、上記全国対象だけではなく、各都道府県・広域プロック単位での公募も実施中です。また、2022年度も最大40億円規模の新型コロナ対応支援助成が実施される見込みで、3月から「資金分配団体」の随時公募がスタートしています。詳しくは下記ページやJANPIAホームページをご覧ください。
⇒ https://www.janpia.or.jp/koubo/2022/corona.html#koubo_tab1

↑ 目次へ

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
【4】新型コロナ対応 政府支援策アップデート【IT導入補助金スタート!】
事業支援:事業復活支援金・事業再構築補助金・持続化補助金など
活動支援:「孤独・孤立」対策活動、政府備蓄米活用など
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

◆ 事業支援 ◆

政府による新型コロナ対応支援の新たな支援策として、減収等の影響を受けた事業者(NPO法人等含む)への「事業復活支援金」が令和3年度補正予算により、新たに創設されました!また、新分野展開や業態転換等を支援する「事業再構築補助金」もスタートしています。
シーズはじめ、NPO側の要望も受けて、これらの支援策でも一定のNPO法人が対象となります!

引き続き、「ものづくり補助金」等でもNPO法人等の採択も増え、「小規模事業者持続化補助金」も通常枠・低感染リスク型ビジネス枠の公募がスタートしています。ぜひ、ご活用ください。

【経済産業省】新型コロナウイルス感染症関連
★事業復活支援金★
「事業復活支援金」特設サイト
NPO法人等を含む新型コロナで減収した事業者を支援する「事業復活支援金」が1月末から申請受付スタート!
《支給上限(売上1億円以下の法人の場合)》減収50%以上:100万円、30%以上50%未満:60万円
NPO法人・公益法人等特例などの特例申請も2/18から受付開始!
申請には登録確認機関による事前確認が必要
これまでの一時/月次支援金の受給者は事前確認の省略が可能
⇒ https://jigyou-fukkatsu.go.jp/
※申請受付期間:~5/31締切、特例申請も2/18からスタート

★IT導入補助金★
事業復活支援金に続き、「IT導入補助金」の今年度公募もスタートしました!
今回からは、これまで対象外だったPC(パソコン)やPOSレジが補助対象になり、会計ソフトをはじめクラウドツールの利用料も2年度分対象となるなど、電帳法やインボイス制度等でも求められるDX(デジタルトランスフォーメーション)へのサポートが拡充されています。ぜひ、ご活用ください!
⇒ https://www.it-hojo.jp/
※公募中、第1次締切「通常枠」5/16・「デジタル化基盤導入枠」4/30、以降複数回締切あり

★事業再構築補助金★
「事業再構築補助金」特設サイト
第1~3次公募の採択結果が公表されました。NPO法人等も多く採択されています!
⇒ https://jigyou-saikouchiku.jp/
※第5次公募は2022年1/20スタート・2/17受付開始、以降再公募予定

★ものづくり補助金★
「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」特設サイト
累次公募の採択結果が公表されました。NPO法人も採択されました!
⇒ https://portal.monodukuri-hojo.jp/
※公募中、第10次2/16開始・5/11締切

★持続化補助金★
「小規模事業者持続化補助金(通常枠)」特設サイト
第6回公募の採択結果が公表されました。NPO法人も多数採択されました!
◇通常枠:2/3(上限50万)
◆賃金引上げ枠:2/3・赤字法人は3/4(上限200万)
◆卒業枠・後継者支援枠・創業枠:2/3(上限200万)
◆インボイス枠:2/3(上限100万)
◆の特別枠が今回の公募から新設、公募要領等も改訂、要確認
【商工会】⇒ https://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/
【商工会議所】⇒ https://r3.jizokukahojokin.info/
※公募中、第8回公募6/3締切

★業務改善助成金★
NPO法人等を含む中小事業主の最低賃金引上げ対応を支援するため、政府では設備投資や教育訓練・研修等を助成する「業務改善助成金」による支援があります。
長引くコロナ禍や今回の引き上げを受けて、昨年10月からは講師謝金・外部研修費用の上限引き上げや宅配用バイク/自転車・自動検温器・Web会議システム等の助成対象明確化など、一層の要件緩和・運用改善が図られており、より使いやすくなっています。

また、助成率も最低で3/4(75%)、最大は9/10(90%)と高く、助成率加算に必要な生産性要件の計算でもNPO法人専用のエクセルが用意されています。ぜひ、ご活用ください!

●【厚生労働省】業務改善助成金:中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援
⇒ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html

「GビズID」⇒ https://gbiz-id.go.jp/top/

 ◆ 活動支援 ◆

上記の事業者としてのNPO法人への支援策とは別に、コロナ禍で拡大・深刻化する孤独・孤立対策活動を行うNPO等への様々な支援策もスタートしています。
主に、補助金・委託事業等の創設や拡充となっており、孤独・孤立対策に取り組むNPO等へ国または自治体からの補助や委託を広げることで、対策を推進するものです。該当する団体の方は、ぜひ、ご活用ください。

●【内閣官房】第2回 孤独・孤立対策推進会議 配布資料
「孤独・孤立対策に取り組むNPO等への支援策について(令和4年度予算案・令和3年度補正予算)」が掲載
NPO等への期待も大きく支援も盛り込まれた「孤独・孤立対策の重点計画」も策定
⇒ https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kodoku_koritsu_taisakusuishin/dai2/siryou.html

●【農林水産省】フードバンク支援緊急対策事業(令和3年度補正予算事業)
「農林水産省フードバンク支援緊急対策事業募集のおしらせ」
(1)運搬用車両、一時保管用倉庫(冷蔵・冷凍庫含む)、入出庫管理機器等の賃借料
(2)輸配送費
 [1]車両の庸車により行うもの(運送事業者への委託)
 [2]小口配送便により行うもの
 [3]フードバンクが自ら輸配送(人件費、ガソリン代)
1団体あたりの支援上限額は500万円
《拡充ポイント》従来までの(1)に加えて、食料品の内部・外部輸配送にかかる(2)も補助対象に!
【特設サイト】⇒ https://www.dei.or.jp/research/research08/research08_07.html
※公募締切

●【農林水産省】学校給食用等政府備蓄米交付について
一定の条件を満たす、食事提供団体(子ども食堂など)や食材提供団体(フードバンク・フードパントリー・子ども宅食など)も対象
食材提供団体においては、交付上限拡充(300kgまで)や白米提供も可能になるなどの改善
【昨年7月公募分より】子ども食堂・子ども宅食・フードバンク・フードパントリー等については、以下の拡充措置
(1)交付された政府備蓄米について、交付した数量を適切に使用した場合、必要に応じて年度内の追加申請が可能に
(2)同じ提供団体であっても、活動実態が異なる場合、それぞれの支部単位での申請が可能に
さらに、今回からは交付量再拡充や一部書類簡素化等の改善
⇒ https://www.maff.go.jp/j/seisan/kokumotu/bichikumai.html
※直接交付なのでNPO等の申請可、公募中:4/1~5/16締切

※関連施策
●【農林水産省】国の災害用備蓄食品の提供ポータルサイト
国の災害用備蓄食品について、食品ロス削減及び生活困窮者支援等の観点から有効に活用するため、入れ替えにより災害用備蓄食品の役割を終えたものについて、原則として、フードバンク団体等へ提供
⇒ https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/portal.html

●【内閣府 政策調整担当】地域子供の未来応援交付金(子供の未来応援地域ネットワーク形成支援事業)について
・NPO等による「(3)つながりの場づくり緊急支援事業」を創設
・居場所の提供や衣食住などの生活支援、学習支援、相談・アウトリーチなど
【令和3年補正】新規事業区分として「(4)新たな連携によるつながりの場づくり緊急支援事業」が創設、最大250万円、補助率10/10
⇒ https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/torikumi/koufukin/index.html
※交付金の拡充なのでNPO等の直接申請は不可、自治体に要提案・相談。

●【内閣府 男女共同参画局】地域女性活躍推進交付金(令和4年度・令和3年度・令和3年度補正)に係る公募について
・NPO等による「つながりサポート型」を創設、NPOによるアウトリーチ型の相談、居場所の提供、SNS相談・24時間電話相談、ピアサポート、女性用品等の提供(いわゆる生理の貧困対策)等の取り組みを支援
・令和3年度補正予算で、さらに5.3億円追加措置、「寄り添い支援型プラス」を創設
⇒ https://www.gender.go.jp/policy/chihou_renkei/kofukin/r04/hosei.html
※交付金の拡充なのでNPO等の直接申請は不可、自治体に要提案・相談。

↑ 目次へ

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
【5】【無料・アーカイブ配信10/15まで】20220311開催「改正個人情報保護法」研修会~4/1施行に向けて学ぼう!
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

《本配信は3/11に下記内容で開催した研修会のアーカイブ配信です。》

講師の個人情報保護委員会(PPC)のご協力により、アーカイブ配信を実施できることになりました。この場をお借りして深く御礼申し上げます。
お申込みいただくと、当日動画(vimeo)と配布資料(PDF)等をご利用いただけます。
配信期間:2022年3月14日~10月15日(予定)
動画・配布資料は団体内での利用にとどめ、2次利用等はお控えください。

++++++++++++++++++++++++++++++++

コロナ禍では、NPO法人等を対象とした様々な支援策が実現し、活用も進んでいます。
その一方で、2022年4月からはNPO法人等の対応が必要となる施策もいくつかスタートします。その中でも、ほとんどのNPO法人が対象となるのが「改正個人情報保護法(令和2年改正)」です。
今回の改正では、個人情報保護のための規制・罰則強化を中心に様々な面の変更がありますが、まだNPO法人の理解や対応が進んでいるとは言えません。

そこで今回、政府で個人情報保護法を担当している個人情報保護委員会(PPC)にご協力いただき、法制ご担当者を講師にお招きして、令和2年改正を含む個人情報保護法を解説していただくオンライン研修会を開催いたします。

ご担当者から直接学べる機会です。参加費は無料で質疑応答の時間もありますので、ご関心のあるNPO法人の皆様、ぜひご参加ください!

●令和2年改正については、下記、個人情報保護委員会のページをご参照ください。
【個人情報保護委員会(PPC)】改正個人情報保護法対応チェックポイント
⇒ https://www.ppc.go.jp/news/kaiseihogohou_checkpoint/

■日時:2022年3月11日(金)16時~17時15分

■方法:zoomによるオンライン開催(参加無料)
※お申し込みいただいた方に開催日までにzoom参加方法等をお送りいたします。

■内容
司会:セイエン 代表理事 関口宏聡
講師:個人情報保護委員会事務局 法制室担当官
「個人情報保護法・令和2年改正法の概要」※質疑応答含む

■対象:NPO法人の個人情報保護担当者など ※今回はNPO法人関係者を対象とさせていただきます。

■申込(peatixを利用):下記ページの右側「チケットを申し込む」から
アーカイブ配信(3/14~10/15予定)⇒ https://20220314seien-ppc.peatix.com/

■主催:特定非営利活動法人セイエン

↑ 目次へ

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
【6】年初・年度末タスクの確認に「年間運営スケジュール表」ご活用ください!
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

ご好評いただいております「年間運営スケジュール表(A3・PDF)」は
下記より無料でダウンロードいただけます。ぜひ、ご活用ください!

●年間運営スケジュール【青】(仕事月が決まっているもの)
⇒ https://drive.google.com/file/d/1Dd1NLj1LwBqLbs6txorR0PsaD7uI3_bW/view?usp=sharing

●年間運営スケジュール【赤】(仕事月が事業年度で変わるもの)
⇒ https://drive.google.com/file/d/1jd4X0WtMobO0I77Gpc8-vT27kvg-Imdd/view?usp=sharing

[ 発行 ] 特定非営利活動法人セイエン
TEL:03-5439-4021 メールアドレス:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
URL:https://www.npoweb.jp
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
配信停止・配信先アドレス/所属先変更等は、
下記フォームからご連絡下さい。
⇒ https://pro.form-mailer.jp/fms/77b379d5247784
セイエン・メルマガの掲載記事を、許可なく転載する事を禁じます。
(C)2022 NPO法人セイエン

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する政策・制度の最新情報、セミナー・イベント情報など月数回配信しています。 NPO法人セイエンのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
セイエン/シーズ・市民活動を支える制度をつくる会(清算手続中)

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。2022年4月よりFAX番号が変更になりました。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-4243-3083
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南