English Page

ニュース

2002年09月02日 10:00

行政 : 法人名にローマ字可に

 法務省は、7月31日、商業登記規則等の一部改正を行うことを告示した。これにより、従来、NPO法人の名称で、登記上使えなかった、ローマ字、アラビア数字、コンマやハイフンといった特殊符号が、11月1日から使えるようになる。

 

 従来,商業・法人登記においては,法人の名称の登記にローマ字を用いることはできなかった。

 しかし、商号の登記についても、ローマ字を用いて表記したいという要望が増えてきたことを受けて、法務省は、今回、商業登記規則等の改正により,商号の登記について,ローマ字その他の符号を用いることができるようにした。

 この措置により、NPO法人などその他の法人も同様に、法人名称にローマ字などを使えるようになる。

 今回使えるようになったローマ字などは、以下の通り。

 ・ローマ字(大文字及び小文字)
 ・アラビヤ数字
 ・「&」(アンパサンド)、「’」(アポストロフィー)、「,」(コンマ)、「-」(ハイフン)、「.」(ピリオド)、「・」(中点)

※ 3. の符号は、字句(日本文字を含む。)を区切る際の符号として使用する場合に限り用いることができる。したがって、商号の先頭又は末尾に用いることはできない。ただし、「.」(ピリオド)については、省略を表すものとして商号の末尾に用いることもできる。

 この規則の改正が施行されるのは、11月1日から。つまり、11月1日の登記から可能となる。

 NPO法人の場合、所轄庁に申請して認証が下りるまでに、最低2ヶ月以上かかる。したがって、今から申請する団体は、もし法人名称などにローマ字等を使いたい場合は、最初から定款でローマ字使用の法人名称を使っておく方がよいだろう。

 この規則改正については、法務省の以下のホームページに詳細が載っている。

 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji44.html

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南