English Page

ニュース

2003年04月24日 10:00

行政 : 支援費の税制は未定

 4月1日から、障害者への福祉サービスとして支援費支給制度が始まったが、NPO法人が支援費の支払いを受けた場合、その収入は法人税の課税事業となるのかならないのかは、未だ未定であることが分かった。現状では、いつ決まるのかも不明である。

 

 支援費支給制度は、障害者への新しい福祉制度として、従来の措置制度に変わるものとして、4月1日から実施されている。

 この制度では、利用者(障害者)が事業者に福祉サービスを申し込み、市町村には支援費の支給を申請し、申請が認められれば利用者は、その事業者に自己負担分を支払ってサービスを受け、自己負担分以外の費用は、支援費として市町村から事業者に支払われることになる。

 支援費支給制度における福祉サービスは、居宅サービス、知的障害者グループホーム、施設サービスの3種類に分かれる。このうち、NPO法人は、居宅サービスと知的障害者グループホームの2つの事業において指定事業者となることができる。

 NPO法人が指定事業者として、支援費制度の福祉サービスを行ったとき、その収入は、法人税の課税対象の収入となるのかどうかが、制度発足前から問題となっていた。

 しかし、3月末時点で、シーズが問い合わせたところ、「まだ検討されていない」(国税庁)という回答だった。

 4月1日から制度がスタートしたことを受けて、岡崎トミ子参議院議員(民主党)が、関係行政機関に問い合わせたところ、4月22日現在では、「まだ決まっていない」という回答を得たもの。

 介護保険事業も、制度が始まってから課税関係が決まったこともあり、NPO関係者からは「またか」とあきれ気味の声が出ている。

 また、障害者団体からは「非課税となるべき性格のものだ」という意見が出されている。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南