English Page

ニュース

2004年04月25日 10:00

行政 : NPOのための「会計支援茨城」発足

 4月15日、茨城県内の公認会計士や税理士などが、NPOの会計・税務を支援する目的で「会計支援茨城」(代表・神山直規税理士)を発足させた。このようなNPOを支援する会計士・税理士のネットワークは全国的にひろがりつつある。

 

 「会計支援茨城」の目的は、会計・税務の専門家や会計実務の経験者が連携してNPOを支援することで、NPOの経営改善とアカウンタビリティの向上を図り、市民活動の発展に寄与すること。

 「会計支援茨城」では、公認会計士や税理士からなる「専門家チーム」が、決算書作成のガイドライン作り、県内NPOの決算報告のチェック、NPO向け会計システム作り、個別相談会やセミナーへの協力をおこなう。

 あわせて、企業の経理部門などでの実務経験者が「会計サポーターチーム」を構成。会計システムの立ち上げ支援、経理書類管理などの日常業務や決算業務に関する支援をおこなう。「会計サポーター」の指導・相談には、「専門家チーム」がネットなどを使って随時対応していく。

 当面は、茨城NPOセンター・コモンズに事務局をおき、協力者と支援希望団体のコーディネイトをおこなっていく。

 事務局によれば、「現在、県内の公認会計士や税理士に協力を呼びかけている。また、NPOの日常的な会計支援のできる会計実務経験者を募集している。公認会計士、税理士を含めて、より多くのサポーターと力を合わせて、NPOの活動を支援していきたい。」とのこと。

 NPO法人が急増するなか、会計や税務に関するニーズは高まっているが、多くのNPOでは、会計・税務についての実務に通じた人材を雇用する余裕がないのが現実。

 このような現状を踏まえて、各地でNPOの会計・税務を支援する専門家集団の活動が生まれてきている。

 全国的なレベルでは、シーズの「なんでも質問箱」の回答者である公認会計士の赤塚和俊氏が理事長を務める「NPO会計税務専門家ネットワーク」が昨年より活動を開始。100名を超える全国各地の会計・税務の専門家やNPO支援団体関係者が参画して会計処理の方法、税法の解釈、税務署の動きなどについて情報交換をするネットワークができている。

 また、赤塚氏によると、地域でも、会計士・税理士の専門家のネットワークは広がりをみせているとのことだ。

 宮城県では、NPOを支援するために、税理士が中心にNPO法人をすでに設立。長野県では、税理士が中心になってNPO法人向け会計のガイドブックをつくっている。埼玉県や青森県でも、税理士のネットワークが生まれてきている。

 一方、行政レベルでも、このような会計士・税理士を登録して、NPOを支援する制度をつくっている自治体もある。

 一例だが、静岡県と岩手県では、県がNPO支援策の一環として、支援者登録をした公認会計士、税理士などの専門家を希望に応じてNPOへ派遣している。

 このような専門家集団による、NPOを支援する動きは、今後ますます広がっていくと予想される。

 なお、「会計支援茨城」に関する問い合わせは、茨城NPOセンター・コモンズ(電話029・300・4321)まで。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南