English Page

ニュース

2005年01月23日 10:00

行政 : ホームエデュケーションの国際シンポ

 NPO法人東京シューレが、2月27日に、国際シンポジウム「わが家はホームエデュケーション!」を開催する。米国、英国、韓国、台湾などの実践例をきき、国際的視野にたった子どもの成長支援のあり方を考える。

 

 ホームエデュケーションとは、家庭を拠点(ベース)にした教育をさす。諸外国では、このような学校外での教育がさまざまなかたちで認められており、ホームエデュケーションを教育の選択肢のひとつとして、法律で保障する国も少なくない。

 東京シューレは、1993年に、家庭をベースにする子どもとその家庭のネットワークである「ホームシューレ」を開始。1994年には、日本初のホームエデュケーションに関する国際シンポジウムを有楽町で開催した。

 当時はまだ「ホームエデュケーション」という言葉自体もよく知られていなかったため、このシンポジウムは日本での普及啓発に多大な貢献をしたといわれている。

 現在、日本でも広がりをもち、さまざまな取り組みが全国的に行われているが、まだホームエデュケーションに関する法律は日本にはない。また、不登校とホームエデュケーションが密接に関係しているのが日本の特徴だという。

 このような日本での経験を諸外国の例と照らし合わせ、国際的視野にたって議論していこうと、第2回目となるシンポジウムが2月に企画された。

 シンポジウム「わが家はホームエデュケーション!~日本だけでは見えないこと~」は、2月27日(日)、10時から17時30分まで開催される。会場は、早稲田大学国際会議場(東京都新宿区)。事前申込みが必要。申込み締切は2月18日。

 当日は、オルタナティブ教育の先駆者で10年前の第1回シンポジウムにも来日した、パット・モンゴメリー氏(米)から、この間の世界の状況について報告を聞く。また、イギリス、ニュージーランドの実践や、韓国、台湾などアジアの取組み事例も聞くことができる。

 前日の26日(土)には、「ホームシューレ全国合宿」を行う。子どもスペースも用意されており、ホームシューレの会員以外の参加も可能。

 詳細は以下のホームページを参照のこと。

 http://www.shure.or.jp/

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南