English Page

NPO法人の運営

2007年10月30日 15:55

NPO法人の理事が、個人として特定の公職選挙の候補者の推薦人となり、公選ハガキに「○野○子(NPO法人○○理事長)」と名を連ねることはできますか。

 NPO法第2条第2項第2号ハには、NPO法人は、「特定の公職の候補者若しくは公職にある者又は政党を推薦し、支持し、又はこれらに反対することを目的とするものではないこと」と書かれています。

 また、第3条には「特定非営利活動法人は、特定の個人又は法人その他の団体の利益を目的として、その事業を行ってはならない」、「特定非営利活動法人は、これを特定の政党のために利用してはならない」と明記されています。

 つまり、「○○選挙では、○○さんに投票してください」と、NPO法人が言うことはできません。ただし、特定の候補者や政党の特定の「政策」について反対や批判をしたり、賛成をしたりすることは、NPO法人の目的の範囲内ならばできます。

 また、NPO法人の理事が、あくまでも個人の行為として推薦するのであれば、とくに法律的な問題はないと考えます。ただし、「NPO法人○○理事長 ○野○子」という書き方だと、法人として推薦しているとみなされる可能性があるので注意が必要です。

 選挙に関する事柄については、NPO法のほか、公職選挙法というあいまいな法律があるので、実際には選挙管理委員会に確認したほうがよいでしょう。

ページ上部へ戻る

MAILMAGAZINE

NPOに関する制度の最新情報、シーズのイベントや最近の動向など月2回配信しています。 認定NPO法人シーズのメールマガジン登録ご希望の方はこちらから

contact

特定非営利活動法人
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会

〒108-0014
東京都港区芝四丁目7番1号 西山ビル4階
※2021年4月1日より、新住所へ移転しました。シェアオフィスでシーズスタッフは常駐していません。ご連絡は電話・メール等でお願いいたします。

TEL:03-5439-4021
FAX:03-3926-7551
E-mail:npoweb@abelia.ocn.ne.jp
ホームページ:http://www.npoweb.jp/

事務所地図・交通アクセス

  • 東京都「認定NPO法人取得サポート」
  • NPO法改正&新寄付税率
  • 震災支援情報
  • 認定NPO法人になるための運営指南